09 May

アドビ、クリエイティブ製品定額制移行に関して日本公式ブログFAQのやり取りが可愛い

先日、Adobeクリエイティブ製品が今後定額制に移行すると発表されましたが、Photoshop日本公式ブログのFAQになんとも面白可愛いやり取りがあります。

まず初めに、Adobeのクリエイティブ製品とは「Photoshop」「Illustrator」などCreative Suiteと呼ばれていた製品群で、WebやDTP業界で主に使われるソフトを網羅しています。
これまでは「Photoshop CS 6」と、製品名の後にCreative Suiteの頭文字を取った「CS」とバージョンを表す数字が入るのが慣例でした。
CS、CS2、CS3…等々(CS以前の製品もあります)

これまで製品はいずれもパッケージで販売されており、含まれているソフトによって様々な種類が存在します。
しかしここにきて、今後パッケージ販売を中止し「Creative Cloud」と呼ばれる毎月決まった料金を支払う定額制に完全移行すると発表されました。
※Cloudという名称ですがWeb上のサービスではなく、パソコンにインストールする事になるのでネット回線に繋がっていなくてもソフトの使用は可能です。

Adobe Creative Cloud

ソフトの名称も「Photoshop CC」とCreative Cloudの頭文字を取ったものに変わります。

参考までに値段も。
クリエイティブ製品全部入り(いわゆる以前のMaster Collection)の年間プランが月々5,000円。Photoshop単体年間プランは月々2,200円。いずれも20GBのクラウドストレージ付き。

今までは一つのパッケージを購入すれば何年も使えたのに対して毎月徴収される形式はしばらく普及でしょうね、20GBのストレージもおまけ程度の魅力しかないように感じます。

私も仕事柄photoshopは多用しますが、現在のバージョンで充分事足りています。定額制を利用するとしてもかなーり先のお話になりそう…

Creative Cloud自体は以前から存在するサービスですが、もともと短期間のプロジェクトで必要なソフトだけを利用出来るのが魅力のサービスだったような覚えがあります。今回は性急とも感じられる移行具合ですね。

(ここまで前置き!)

そしてPhotoshop日本公式ブログのFAQの話に移ります。

今回の発表に合わせPhotoshop製品群の最新情報や使い方などを紹介するPhotoshop日本公式ブログが開設されました。
そこでの記事の一つ「Photoshop CC 発表後の、よくある質問と回答の話」にこのようなやり取りがあります。

Q. いつPhotoshop CS7がでるの?
A. でません。最新版のPhotoshopは、「Photoshop CC」として、Creative Cloud限定での提供方法となります。

Q. いつPhotoshop CS7 Extendedがでるの?
A. でません。Photoshop CCに統合されました。

Q. では、いつCreative Suite 7がでるのでしょうか?

A. だからでません!でもいきなりサブスクリプションへの移行は難しい、というご意見も理解しています。
その様なお客様にはCreative Suite 6が引き続きESDやライセンスプログラム(TLP/CLP)で入手可能です。
でも、最新版がやはり便利なのは周知の事実ですよね。早めにサブスクリプション、そしてCreative Cloud
導入をご検討ください。

「出ません。出ません。だから出ません!」
頑張りすぎて微笑ましく見えてしまいますね! ブログとは言え公式サイトでのやり取りらしくない気もしますが、ここまで否定するのであれば本当に出ないのでしょう。
記事のツイート数400以上、Facebookシェア800近くと大分拡散されているようです、こんな可愛いやり取り、今後もたまに見せてほしいものです!

Photoshop 日本公式ブログ:Photoshop CC 発表後の、よくある質問と回答の話

海賊版防止?

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET