04 June

LINE、プロの書き下ろし小説が無料で読める「LINEノベル」を公開

  • 2013年6月4日
  • category : SNS
  • tag :
LINEノベル

LINEの新サービス「LINEノベル」がリリースされました。
プロの書き下ろし小説が数回に分けてLINE上で無料配信される仕組みです。あわせて新人作家を発掘するコンテスト「第1回LINEノベル大賞」も開催されました。

LINEノベル公開

本日、LINEの専用アカウントを利用した無料の小説配信サービス「LINEノベル」が公開されました。
LINEノベル公式アカウントを友だち登録することにより、誰でも無料で小説配信を受け取る事ができます。

LINEノベル

配信される小説はいずれもプロの作家が書き下ろした作品
一度に全てが配信されるわけではなく数回に分けられ、読む際はLINE上ではなく作品ページへのリンクがLINEで通知される形です。

現在配信されている作品は

  • 陰陽探偵・中津川玲子の14日間
    (著:眞邊明人)
  • 君のために今は回る
    (著:白河三兎)
  • クロストライブ ~境界の魔女と眠り児たち~
    (著:月島総記 イラスト:serori)

の3作品。
各タイトルは1週間に2~3回、1話ずつ配信される予定です。

LINEノベルアカウントの友だち登録方法は記事最下部にリンクを張っておきます、興味の惹かれた方はどうぞ!

第1回LINEノベル大賞も開催

LINEノベル公開にあわせ講談社と協力し、新人作家を発掘するコンテスト「第1回LINEノベル大賞」の作品募集も開始しています。

第1回LINEノベル大賞

応募は専用メールアドレスへテキストデータを添付して送信する方法のみ。原稿分量は6万字以上12万字以内、400字詰め原稿用紙150~300枚程度です。
応募締め切りは2013年8月15日(木)、発表は同年11月1日(金)。大賞受賞作は2013年中を目処に講談社より書籍・電子書籍として出版されます。

応募作品の注意点は未発表の日本語作品であること、作品のジャンルや応募者の年齢、職業(プロ・アマ)等の資格は問いません。
また、LINEノベルでの配信を想定しており、あらかじめ8回の連載区切りを想定し、「続く」「第1回」など分かりやすい区切り位置を指定する必要があります。

最後に、この大賞を決めるのは審査員や評論家がいるわけではなく、LINEユーザーの投票で大賞を決める仕組みとなります。
応募される方はその点を考慮に入れる必要があるようですね。

LINE:プレスリリース
LINE:配信作品を読む(LINEノベルアカウント友だち登録)方法
LINE:第1回LINEノベル大賞

今後追加される作品にも期待

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET