07 December

Facebookの個人情報を検索エンジンに表示させない方法。詐欺やストーカー対策に

検索エンジンから身を守る

Facebookに載せている個人情報はGoogle等の検索エンジンにヒットしてしまうことはご存知でしたか? 今回はそれを回避するための設定方法をご紹介します。

 未だ日本でも人気のあるSNS「Faceboook」。懐かしい友人にも出会えたり企業の最新情報をチェックしたりと楽しみ方は様々ですが、思わぬ危険も沢山存在します。

 今回はそんな中の一つ、GoogleやYahoo!に代表される検索エンジンで自分の個人情報を除外する方法をご紹介します。
 ※今回はパソコンを使った場合の方法ですが、後日スマートフォン版も記事にする予定です。

 まず試しに「自分の名前+Facebook」で検索してみました。下記の画像をご覧ください。

自分の名前+Facebookで検索検索結果

 標準設定では検索されるようになっているので見事にヒット。同姓同名が多いためすぐには見つかりませんが簡単に検索されてしまいます。
 以下、検索されないようにする設定方法を画像付きでご説明いたします。

1,まずはFacebookにログインし、「右上の歯車マーク」をクリックします。

右上の歯車マークをクリック右上の歯車マークをクリック

2,「プライバシー設定」をクリック

「プライバシー設定」をクリック「プライバシー設定」をクリック

3,「他の検索エンジンが~」で始まる部分の右にある「編集」をクリック

「他の検索エンジンが~」の右にある「編集」クリック「他の検索エンジンが~」の「編集」をクリック

4,「その他の検索エンジンを~」のチェックボックスをクリック

「その他の検索エンジンを~」のチェックボックスをクリック「その他の検索エンジンを~」のチェックボックスをクリック

5,「承認」をクリック

「承認」をクリック「承認」をクリック

 「承認」をクリックすることによりチェックが外れ、これにて設定は完了です。

 しかし一度検索エンジンに収集された情報はなかなか無くならず、完全に表示されなく成るまでしばらくの時間を要します。早めに設定だけは完了させておきましょう。

 昨今、Facebookを利用した詐欺やストーカーなどが横行しています。自分の個人情報が様々な経路で見つかってしまうのも考えものです、今回の設定はあくまで自衛の一つですがFacebook上に載せる日記雑記にも注意を払うよう気をつけて利用しましょう!

標準設定が「オン」なのが曲者

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET