11 February

Adobe PhotoshopとIllustratorがセール中。最大46%OFF

Adobe 年度末!最新環境応援キャンペーン

PhotoshopとIllustratorなどAdobe Creative Cloudの割引キャンペーンが始まりました。Adobe公式サイト以外にAmazonでもセール価格でお求めいただけます。

 Adobeは3/2までの期間限定「年度末!最新環境応援キャンペーン」としてCreative Cloudの割引提供を開始しました。

Adobe 年度末!最新環境応援キャンペーン

 対象製品はPhotoshopやIllustratorなどの単体、セットプラン、20種類以上のアプリケーションを含んだコンプリートプラン、そしてコンプリートプラン + Adobe Stock(ロイヤリティフリー写真のダウンロードサービス)の3種類。Adobe公式以外にAmazonでの販売製品も対象です。

Amazon コンプリートプラン

Amazon Illustratorが最大46%OFF
※公式サイトでは最大41%OFFとありますが、AmazonでのIllustrator 3年版が46%OFFです

 年間プランの価格が分かりやすいAmazonではPhotoshop、Illustrator単体プラン1年版がそれぞれ15,360円(1,2,3年版でそれぞれ割引率が微妙に違います)。

 Web制作で一番使われるケースであるIllustrator + Photoshopプラン1年版が43%引きの29,822円。こちらは2年版も同様の43%引きですが3年版はなぜか5%でほぼ定価の謎設定です。

 コンプリートプラン1年版は20%引きの47,760円、2,3年版はさらにお得な25%引きです。1年以上継続して使う予定があるのなら2,3年版を検討しても良いかと思われます。またAdobe Stockとのセットプランは年間一括支払いが無く、Adobe公式ストアで月々払いのみの対応となっています。

現在利用中の方は期間延長として利用可能

 新規購入者だけでなく、現在Adobeの各プランを利用している方は購入分の期間を延長するという形となります。期間が切れるまで間を開ける必要はありません。

Photoshopよりフォトプランの方がやすいのはなぜ?

 フォトプランとはLightroom + Photoshopのセットプランのことで、今回のキャンペーン対象外にもかかわらずAmazonで1年版が11,760円で販売されています。これはPhotoshop単体プランより安い価格です。

 この違いは様々なフォントを利用できるTypekitの対象プランの違いが一番の大きく影響しています。フォトプランではtypekitが無料ユーザー相当になるところPhotoshop単体プランではポートフォリオプラン相当になります。利用できるフォントの数が非常に大きく変わるため、Web制作やDTPに関わる方は把握しておきましょう。詳しくは記事末尾に違いが説明された公式ページへのリンクを載せておきます(若干古いページですが…)。

関連リンク

Amazon
Photoshop単体プラン
Illustrator単体プラン
Photoshop & Illustratorセットプラン
コンプリートプラン
Adobe
Photoshop単体よりもPhotoshop+Lightroomの方が遥かに安いのはなぜ?
TOPへ戻る