猫と杓子

iPhone 7が圏外になる不具合の修理プログラムをアップルが発表

2018/02/05 公開

/

2020/07/26 更新

iPhone 7 修理プログラム

アップルはステータスバーに (モバイルデータ通信のサービスエリア内でも)「圏外」と表示される件に対し修理プログラムを発表しました。対象となるモデルは iPhone 7 の一部モデルのみですが、国内で流通しているものは全て対象のモデルとなります(Plusは対象外)。

対応内容は無償で修理を行うというもの。対象モデルであったとしても全ての端末で発生するわけではなく、Apple Storeなどでの修理前に検査を行い、必要であれば修理対応を行うようです。

また、今回の発表以前に有償で修理をされた方へは返金手続きが行われます。対象者へはアップルから連絡が入りますが、有償修理をしたにもかかわらず2018年3月末までに連絡がない場合は逆にApple宛に連絡をしてくださいとあります。

今回の不具合はモデルとしての対象端末は非常に多いものの、全ての人に発生するわけではありません。今回の圏外事象に遭遇したことはなくとも気になってしまう方は一度Apple Storeにて検査してもらうのが良いかとおもいます。

また、仮に修理が必要ということになっても、画面のひび割れなど修理に支障をきたす損傷がある場合は、そちらの修理が先になり場合によっては別途修理代金が発生する可能性がある事も明記されています。お気をつけください。

修理手続きに関しての詳細は下記リンクからご確認ください。