18 March

JINSのクレジットカード情報流出、不正利用7件確認

JINS

3月15日に発生した眼鏡ブランド「JINS」のクレジットカード情報流出事件ですが、既に不正利用が7件確認されたようです…

平成 25 年3月 17 日(日)時点において、今回の情報流出に関係すると思われるクレジットカードの不正利用が7件確認されております。

個人情報流出事件はたびたび見かけますが、その後の不正利用発覚まで発表されました。

今回の不正アクセスの範囲としては、平成 25 年2月6日から平成 25 年3月 14 日までにJINS オンラインショップ(http://www.jins-jp.com/)において、購入手続きをされたお客様となります。
具体的な不正アクセスの内容としては、購入画面内の「支払方法選択画面」に入力されたお客様のクレジットカード情報が、第三者の外部データベースサーバに送信される内容の改ざんであり、当社で保管していないお客様のクレジットカード情報が外部流出する結果となりました。

JINSが管理しているデータベースに侵入されたのではなく、オンラインショップのWebサイトが改ざんされカード情報が犯人側に送られるように書き換えられていた、ということでしょうか。
オンラインショッピングで気をつけるのはフィッシングサイト(本物そっくりに作られた偽のサイト)が有名ですが、今回のケースは本物のサイトの一部分が変えられていたため、利用者が気付ける可能性は限りなく低いですね。

当該事案につきましては、クレジットカード会社と連絡を取り、支払請求の取り消し及び差し止め処理を進めております。

JINSのWebサイト管理が原因なので、今回の不正利用分はJINSが補填するのでしょう。

今回はhttp://www.jins-jp.com/にて購入手続きまで進んだ方が対象となっており
・店舗にてご購入されたお客様
・JINS オンラインショップに会員登録されたお客様
・外部 EC サイトでご購入されたお客様
上記3つの場合は流出の可能性は無いと発表しています。

当該期間にオフィシャルオンラインショップにて購入手続きに進んだと思われる方は一度JINSに問い合わせたほうがよいと思います。

JINS 公式サイト
http://www.jins-jp.com/

20130318ladre02

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET