10 March

パスコードロックをしていても「Siri」のお陰で個人情報が漏れる!?

  • 2013年3月10日
  • category : Apple
  • tag :
Siri

対話形式の秘書アプリとして有名な「Siri」
お持ちの端末がパスコードロックをしていても「Siri」が起動する設定であればすぐに見直しを!

「Siri」とはSpeech Interpretation and Recognition Interface
(発話解析・認識インターフェース / Wikipediaより)
の略でして、「勝利に導く美しい女性」という意味を持つノルウェー語の女性人名が由来と言われています。

利用に関しては、4S以降のiPhone、または第5世代のiPod touchが対象です。

そんな「Siri」が以前にも話題になった個人情報を漏らしてしまう件ですが、Itmediaにて分かりやすく4コマ漫画で紹介がされています。

ロック画面でホームボタンを長押しした際「Siri」が起動してしまうと危険です。
【私は誰?】と問いかけると「Siri」が登録している個人情報を画面に表示してしまうというものです。

正直すぎてある意味かわいいかもしれませんが…
音声でユーザーの個別認識ができればこんな事にはならないかもしれませんが、量産されるスマートフォンに搭載するには難しい技術でしょう。

標準設定のままお使いの方は、今すぐ設定を変更しておくことを強くお勧めします。「設定」→「一般」→「パスコードロック」にある「ロック中にアクセスを許可:Siri」を「オフ」にします。すると、画面ロック中にホームボタンを長押ししてもSiriが起動しなくなります。(最初からこうしておくべき?)

パスコードロックをしているから安心、と思わないようiPhoneユーザーは設定を見直してみましょう!

ITmedia 記事全文
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1303/08/news021.html

20130310ladre03

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET