14 September

iOS 10がアップデート開始。しかしバグや文鎮化報告もあり。

  • 2016年9月14日
  • category : Apple
  • tag :
Apple iOS 10

アップルのモバイルOS「iOS 10」が提供開始されました。しかしバグや文鎮化を回避するためアップデート直後は様子見をするのがお勧めです。

iOS 10公開

 本日、アップルのモバイルOS「iOS 10」の国内提供が開始されました。iPhone,iPad単体で行う場合は「設定->一般->ソフトウェアアップデート」、もしくは最新版のiTunesからアップデートが可能です。

主な変更点

iMessageの強化

 メッセージアプリのサービスであるiMessageの強化。メッセージ送受信時の豊かなアニメーション表示、手書きメッセージ機能、Facebookのいいね!の様な様な素早い簡易返信、LINEスタンプのようなステッカー機能(ステッカー自体はApp Storeで追加入手可能)など大幅に強化されています。

 ステッカー機能はLINEスタンプの様に集めるだけでも楽しそうですが、iMessageはiOSもしくはMacでしか利用できないのが残念です。今後AndroidやWindowsにも提供されるのであれば利用者は一気に増えるでしょうが、LINEという巨人が立ちふさがるメッセンジャーアプリ界に参戦するかどうかは今の所未定です。

マップアプリの強化

 マップアプリも強化されます。ユーザーの利用情報をもとに、行きたいであろう場所への経路を先読み検索、道中のガソリンスタンドやカフェの検索、またそこに立ち寄った場合の消費時間管理など。また、若干遅れて実装される(公式サイトには「まもなく登場」と記載)国内の交通機関を使用する際の乗り換え検索・運賃の比較も実装予定。

 その他細かい点では、ウィジェットからのメッセージ返信、iPhoneを手に取るだけでスリープ解除、撮影した写真に写っているものをもとにテキスト検索が可能など。

対応端末

  • iPhone 5以降
  • iPad 第4世代のみ
  • iPad Air 初代,2
  • iPad Pro
  • iPad mini 2,3,4
  • iPod touch 第6世代のみ

アップデートにはご注意を

 OSアップデートはアプリやSIMとの互換性やそもそもアップデート出来ないなどの問題がある事も多く、我先にと更新してしまうと痛い目を見ることが多々あります。iOS 9の時もアップデート処理の途中で止まってしまい、文鎮化(再起動をしてもフリーズし、何もできない状態のこと)状態に陥ってしまうことが報告されていました。

 今回のiOS 10でも同様の報告が挙がっており、アップルは修正を発表しているとのことです。

米AppleのモバイルOS「iOS 10」のアップデートが日本時間の9月14日午前2時にスタートした。数時間後、OTA(Over The Air、Macなどに接続せずに無線でアップデートすること)でのアップデートに失敗したという報告がTwitter上に多数投稿された

IT media ニュース

 上記引用文にもある通りOTA(端末単体で行うアップデート)でのバグ報告が多いらしく、PC環境があるのであればiTunes経由で行ったほうが多少は安全でしょう。ただし必ずバックアップを取ることをお勧めします。

 急ぎでアップデートする必要がない方は様子見が一番。私は毎回一ヶ月近く間を開けてからアップデートを行っています!

格安SIMをお使いの方は要注意

 特定のアプリが動作しないだけならまだしも、格安SIMが正しく動作しない可能性もあります。その場合は通信自体が行えなくなるため通常利用に大きな支障が出てしまいます。

 現在、大手のMVNO業者であれば対応報告が出ているところもあります

iOS10のiPhone/iPadにて「OCN モバイル ONE」の動作確認を実施した結果、問題なくご利用いただけることが確認できました。
詳細につきましては、動作確認済み端末一覧ページを順次更新いたしますので、ご確認ください。

OCN モバイル ONE

9/14未明に公開されたiOS 10について、対応するiPhone・iPadでIIJmioのSIMが利用できるかの動作確認を行いました。すべての機種でIIJmioの利用に支障は無いことが確認できました。

IIJのエンジニアによる公式blog

【リアルタイム更新完了】iOS 10のmineoでの動作確認 (9/14 AM2:00~)

mineo スタッフブログ

 これらMVNO業者の様にお知らせなどで対応状況を公開している場合は安心ですが、公式サイトで何の音沙汰もない場合はお知らせの更新を待つか、動作確認機種ページで最新情報をチェックすることをお忘れなく!

終わりに

 アップルは新OSで毎度バグの話題が出てしまいますね。既存機能のテストなど膨大な時間が掛かるのは分かるのですが、アップデート自体に失敗するのは何とかならないのでしょうか……

 また、アプリ側の対応のお話になりますが、私も直近で某アパレルメーカーのアプリ開発に携わっていました。最新OSがリリースされる時の動作確認は本当に大変です。OS別の処理を入れるだけならまだしも使用しているライブラリ(プログラムが集まったファイルみたいなもの)が対応していない状況など、大幅な改修が必要になるケースも少なくありません。

 通常の保守・新機能開発とは別のラインで改修・検証作業をすることになるので、時間も人的リソースも足りないことが多く、OSのリリース時期に間に合わないこともありました。今のパズドラレーダーがそんな状況でしょうか(´∀`; )

 というわけで皆さま、OSアップデートは様子見をしつつ慎重に行いましょう!

関連リンク

アップル
iOS 10
  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET