09 September

iPhone 7 で有線イヤホンと充電を同時に使用するには

iPhone 7

iPhone 7が発表されスペック談義が各所で盛り上がってますね。iPhone 6sからの大きな仕様変更点であるイヤホンジャックの廃止について賛否両論ありますが、有線イヤホンを接続したまま充電するためには別途オプションが必要になります。

 iPhone 7からの変更点として、イヤホンジャックが廃止された事で衝撃を受けた方が多いと思います。と言っても付属される純正イヤホンはLightning端子に変更されているため、従来と同じ端末下部のLightning接続で問題無く使用できます。また、市販のイヤホンをお使いの方向けに、3.5mmステレオミニ端子とLightningの変換ケーブルも付いてくる気の使いようです。

 しかし、本体にLightning端子は一つしかないため、有線イヤホンと充電を同時に行うことが出来ません。そう、端子が2つあれば解決するわけです。

Belkin Lightning Audio + Charge RockStar

Lightning Audio + Charge RockStar

 そういった需要に応えるため、モバイル系周辺機器を販売するBelkinからLightning端子を分岐する周辺機器が発表されました。単純明快、Lightningを分岐するアダプタであり、イヤホンと充電同時にいけるよ~というものです。

 取り急ぎこれにて解決はするものの、ケーブルを連結することになるため取り回しが若干煩わしいのは否めないですね。iPhone本体に合体する同様の製品があれば快適ですが、今度は本体ケースが合わなくなるという問題が発生してしまいます。

アップルはワイヤレスを推し進めているのでしょう

 イヤホンジャックが廃止された背景には無線化できる箇所は全てワイヤレス接続にしたいというアップルの思いが伝わってきます。発売は10月下旬になりますが、純正オプションとしてワイヤレスイヤホン「AirPods」の発売も控えています。

AirPods

 最大5時間のバッテリー駆動時間、15分の充電で3時間駆動、充電ケースで気軽な充電、さらにSiriとの連動で音量調整や再生停止などが行えるこのAirPodsはiPhoneに付属のイヤホンEarPodsのワイヤレス版と言えます。

 iPhone 7と同時発売とはいかなかったものの、イヤホンジャックを廃止したタイミングでこのイヤホンの発表はワイヤレス化を推し進めていると言っても過言ではないでしょう。Beats(アップルが買収したストリーミング、オーディオメーカー)ブランドではないというのもポイントですね。

ワイヤレスイヤホンのデメリットは?

 ワイヤレスイヤホン、ヘッドフォンのデメリットとして挙げられるのが「充電が必要」、「遅延が発生する」という点です。

 24時間近い再生に耐える製品も出てきていますが、やはり充電行うという手間が掛かるのは気になる点の一つです。

 もう一つの遅延に関しては音ズレと呼べば良いでしょうか、音楽プレーヤーを再生する分には問題ありませんが、映画やドラマなど人物の喋りとズレてしまう可能性があるという点は否めません。最近は性能も向上しているため、ほとんど気にならないそうですが。
音ズレ参考サイト:オッサンがBluetooth接続の遅延をヘッドホンで聴き比べしてみたら

 あとは音楽ゲーム系ですね、フレーム単位の判定を行っているため少しでも遅延が発生するのは致命的です。この辺りは店頭で視聴するのが一番だと思います!

終わりに

 Lightningの分岐は強引なものの、現実的なアイテムですね。私は本体ケースを付けない派なので合体するタイプが出たら買っても良いかなという気がします。iPhone 7を手に入れるのが先決ですが……。

 AirPodsも気になりますが、本体を小型にするための犠牲とはいえ最大5時間再生はちょっと短いですね……。私は一日に2回充電することになってしまいます、めんどくさい。でも充電ケースはイヤホンを挿すだけの楽チン充電。充電ケースを無くすのだけは気を付けましょう(;´∀`)

関連リンク

Belkin
Lightning Audio + Charge RockStar
Apple
AirPods
  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET