15 June

マイクロソフト、iPhone版「Office Mobile」をリリース。Office 365利用者限定のアプリ

Office Mobile for iPhone

マイクロソフトのiPhone版「Office Mobile」がリリースされました。利用するには条件があり、契約型Officeの「Office 365」を利用している方のみのサービスとなります。

Office Mobile for iPhoneリリース

米マイクロソフトは6月14日、「Office Mobile for iPhone」をリリースしました。
その名の通りiPhoneでOffice製品群を利用できるアプリです。価格は無料で英語圏のApp Storeで公開されています。

Office Mobile for iPhone Excel

Office Mobile for iPhone Excel

利用可能な機能はWord、Excel、PowerPointの閲覧と編集。WordとExcelに関しては新規作成も可能です。
アプリ名に「for iPhone」とある通り、iPhoneに最適化されているためiPadでの利用は推奨されていません。「Office Mobile for Windows Phone」と同様にディスプレイの狭いスマートフォンが対象となっているため、iPad利用者にはウェブ版のoffice「Office Web Apps」が勧められています。

Office Web AppsOffice Web Appsオフィシャルサイト

アプリ自体の価格は無料ながらも、利用条件として「Office 365」への加入が必須という部分が大きな注意点です。

Office 365とは

本アプリの利用条件に「Office 365」への加入が必須とあります。
Office 365とはサブスクリプション(契約)型クラウドOfficeサービスの事で、毎月一定の金額を支払うことによりOffice製品が利用でき、クラウド上でのデータ保管やメール送受信、スケジュール管理が可能となるマイクロソフトのサービスです。

Office 365オフィシャルサイトOffice 365オフィシャルサイト

個人向けには通常のOffice製品が店頭で販売されていますが、シリアル数やグループウェアの機能など柔軟な管理が必要な法人向けに提供されています、。
本アプリではこちらのサービスに加入している必要があるので、必然的に法人向けのアプリになるようです。

対応端末はiPhone4以降または第5世代iPod touch、iOS 6.1以上が必要です。
残念ながら日本ではまだ配信されていませんが、マイクロソフトでは英語版以外にも近日公開する予定と発表しています。

本記事の画像は下記マイクロソフト関連サイトから引用させていただきました。
マイクロソフト:Office Mobile for iPhone(英語)、Office Web AppsOffice 365

ビジネスシーンで活躍

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET