Headline News!

06 May

数式が解明されてしまった初音ミク。その他キャラクターを色々試してみました

海外サイト「WolframAlpha」にて日本のアニメやゲームキャラクターを数式に変換し、グラフとして表示されるサービスが話題になっています。
様々なキャラクターが登録されているとのことで、私も試してみました。

今回の記事は「ねとらぼ様」より
初音ミクの数式が解明 さらにいろんな「俺の嫁」が関数で描けることが判明

WolframAlphaは2009年に始まったWebサービスで、いうなれば“質問応答システム”だ。アルゴリズムや自然言語解析を駆使し、入力したキーワードに対する計算結果や事実情報といった「答え」を返してくる。

そもそものサービスは質問応答システム。
なんと質問に「graph ◯◯ curve」と入力するとその答えとしてキャラクターを数式から作成されたグラフとして表示してくれます。

初音ミクを数式とグラフで表現初音ミクを数式とグラフで表現

数式がどういう仕組みなのか私には理解し難いですが、なんとも初音ミクの雰囲気が感じられます。
その他色々と実験。

リラックマを数式でとグラフで表現リラックマ。いつもよりリラックスしているようにも見えます

ハローキティを数式でとグラフで表現ハローキティ。リボンがお花に!

リンクを数式でとグラフで表現ゼルダの伝説シリーズよりトゥーンリンク

パタパタを数式でとグラフで表現マリオシリーズよりパタパタ。検索にはノコノコと入れたのに…

魔人ブウを数式でとグラフで表現ドラゴンボールシリーズより魔人ブウ。この顔は上手い!

フリーザを数式でとグラフで表現同じくドラゴンボールシリーズよりフリーザ。顔が若干デコボコ…

上記フリーザのように若干のスペルミスは自動的に修正してくれるようです。
「freeza」→「Frieza」

おそらく有志が一つ一つ作成しているので、なんでもかんでも出てくるわけではありません。
現時点でどれだけの数が登録されているか分かりませんが、お時間のある時に試してみると面白いかと!

作成方法をご紹介しているサイトもあるようで、数学に明るい人は是非挑戦してみてください!

オフィシャルサイト:WolframAlpha
グラフ制作方法:Mathematica「How to create new “person curve”?」

バットマンのロゴも

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET