Headline News!

28 January

マイクロソフト、「SkyDrive」を「OneDrive」に改称へ

Microsoft OneDrive

マイクロソフトのオンラインストレージである「SkyDrive」が権利関係の問題で「OneDrive」に改称されます。名称変更だけなのでサービス内容に変わりはありません。

 マイクロソフトは同社のオンラインストレージサービスである「SkyDrive」を「OneDrive」に改称すると発表しました。

Microsoft OneDrive

 改称に至った理由は英国の放送事業者British Sky Broadcastingが保有する「Sky」の商標をめぐり争っていた結果、マイクロソフトが名称変更することで昨年7月に和解したためです。

 SkyDriveと言えばDropboxやGoogle Driveに代表されるオンラインストレージサービスの一つ。基本プランが無料なのは他社と変わらずですが、大容量プランでも比較的安価でパソコンやスマホを含め様々なOS間でデータの共用が可能です。

 また、マイクロソフト独自の強みとしてWindows 8.1からエクスプローラに自然統合しより気軽な連携ができるようになり、オフィスソフト最新バージョンのOffice 2013では作成したデータを直接SkyDriveに保存出来るとして積極的な利用をユーザーに促しています。

 今回の改称に関してユーザー側では何もする必要は無く、時期が来れば保存データを含め全て移行されます。具体的な日程は報じていませんが、公式ブログによると「OneDrive が使えるようになるまで、もう少しです」とあるため、近日中には移行されるものと思われます。

 リリース直後はWindows Live SkyDriveという名称だったと記憶していますが、SkyDriveの名前でプロモーション活動を続けてきたマイクロソフトにとっては大きな痛手ですね。

公式プロモーションムービー


再生時間は55秒

関連リンク

マイクロソフト日本公式ブログ
OneDrive ですべてのデータを 1 か所に

ワンドラ!

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET