Headline News!

13 September

少女不十分読み終えました。

  • 2011年9月13日
  • category : 未分類
  • tag :

感想など!

先日購入した「少女不十分」先ほど読み終えました。
計2日間で読んだのですが、昨晩は途中で止まらなくなり結局朝7時近くまで読んでいました。

これは「少女不十分」があまりにも面白すぎたわけという理由ではなく、
家で進めている仕事に熱が入らないので、その息抜きのためというありがちな逃げのひとつでした。

作中でもパソコンが万能すぎて、なんでもそれ一つで出来るようになると
その分誘惑も増えてしまい、仕事に集中できなくなるとありますが、まさにその心境です。
その心境が毎日続いているようなもんですね、でも同じ理由で苦しんでいる人は沢山いるでしょう。

さて、面白すぎないなんて誤解を招くような書き方をしてしまいましたが
「少女不十分」は十分面白い作品でした。
内容に関してはここでは触れませんが、ファンは買って損しないと思います。
ただし、化物語から入った方や、氏の昔の作品を読んだことの無い方にはおススメ出来ません。

 

話は変わり、前から思っていた事が一つ。
小説だけでなく、ゲームなどの感想で「ネタバレ注意」と上部に書かれた記事を
見たことがある方は多いと思いますが、これって最後(の方に)どんでん返し的なシーンが
含まれていますよ!という事をバラしているという見方も出来ます。

どんでん返しじゃなくても最後に誰と誰が結婚するだの、誰かが犠牲になる等
少なくともユーザーを楽しませる(驚かせる)要素が何かしらありますよという事が伺えます。
何も知らずに進めるのと、何か起きるんだよね、と曖昧に知った状態で進めるのではその後の
話の印象も変わってくるんじゃないかな、と(自分がそうなので!)

じゃぁ記事をどう書けって話になるんですが、
これは書く側では無くて見る側の問題だと思うんですね。
ネタバレを一切見たくない方はその作品を読み終える(クリアする)まで危うきに近寄らなければよいのです。

今ではネタバレ爆撃と呼ばれる現象も起きていますし、関係無いところで発見してしまう時も
残念ながらあります。自分も何回か経験しています、ショック大きいですよね……

絶対に最後までに何の情報も見ずに進めたいときは
ネットを断つぐらいの覚悟が必要ですね、様々な情報が集められるこのご時世。
勝手に入ってくる情報の取捨選択は自分で行うのだから、まずその入り口を遮断してみてはいかがでしょうか。

試した事は何度もありますが、断つまではいかずとも
危険度の大小を考慮しながら程度でも効果は十分にあります!

と言いつつニコ動で若干のバレをくらったシュタゲでも進めてみます(T▽T)

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET