Headline News!

22 May

マイクロソフト、「Xbox One」を発表。世界で年内発売予定

マイクロソフトが次世代ゲームハード「Xbox One」を発表しました! ゲームだけでなく、テレビやSkypeを統合したオールインワン端末が名称の由来です。

アメリカ現地時間の5月21日、マイクロソフトがXbox 360の後継機「Xbox One」を発表しました。
世界で年内発売予定、2005年発売のXbox 360より実に8年振りの新登場です。

新ハード「Xbox One」

Xbox One

主な特徴として、音声に対応した操作機能とユーザーデータやコンテンツなどが完全にクラウドベースでの保存方法になった事。
従来のXbox 360と違い、操作にはKinectが必須となるため標準で付いてきます。

Kinect自体も強化されておりセンサーやカメラなどがパワーアップしたおかげで人間の表情、指、関節の動きや脈拍に対応、さらに従来はセンサーからある程度の距離が必要とされていましたが、近い距離での使用が可能になります。
低消費電力状態でも音声を認識し「Xbox On」と声を掛けることでXbox Oneが起動でき、テレビコンテンツでも音声を使った新たな利便性が生まれます。

内部的には3つのOSを搭載。「ゲーム用」「テレビ用」「両者の制御用」に分かれており、ゲームとテレビのシームレスな切り替えを実現。
ゲームと映画を切り替えや複数のアプリを同時に使用することもでき、これらの操作は声を掛ける事で操作が可能です。

Xbox Oneコンテンツ

また、Skypeを統合することによりテレビ画面での通話も可能、Kinectのカメラを使用することでビデオ通話に対応します。
Skypeで通話しながら画面を分割し映画を鑑賞することもできるわけです。

主なスペックはCPU8コア、メモリ8GB、HDD500GB、ブルーレイドライブ搭載、USB3.0とHDMIポートを備えます。有線LANと無線LAN(IEEE 802.11n)に対応。コントローラは無線です。

Xbox 360との互換性は

残念ながらXbox 360との互換性はありません。いずれはXbox Oneが主軸になりますがXbox 360のタイトル開発もしばらく続きます。

Xbox One Unveil Video


Xbox One発表ムービー 再生時間は1分40秒ほど

以上、重要なところだけをピンポイントで記事にしてみました。

この時期に発表し年内発売はユーザーにとってもそこまで待たされる印象は無いと感じました。あとは発売時期を公開していないものの同時期の可能性のある「PS4」がどうでるか。
日本での展開はあまり芳しくないイメージのあるXboxですが、これから先PS4とのぶつかり合いは避けられないでしょうね。

ゲームタイトルの充実が肝心

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET