Headline News!

12 May

ラグナロクオンライン、「βプロジェクト」の詳細をついに公開

Breidablik

ガンホーが提供するMMORPG「ラグナロクオンライン」にて「βプロジェクト」と呼ばれる名前だけのプロジェクトの詳細を公開しました。
古き良きβテスト時代を思い出させる仕組みになっているようです。

ラグナロクオンライン(以下RO)とはMMORPGと呼ばれるオンラインゲームの一つであり、10年以上続いている歴史の古いサービスです。
今でも積極的にイベントや新要素が追加されており、オンラインゲーム末期によくあるガチャアイテムの更新だけしか行われないサービスとは一味違います。

先日開催された「ラグナロクオンライン ファン感謝祭2013」で今回の「βプロジェクト」が発表されましたが、その時点ではまだ名称だけにとどまり、5月10日に詳細が公式サイトにて発表されました。

Breidablik専用サイトも同時にオープン

新ワールド「Breidablik」がβプロジェクトの舞台となります。

オープン当初は、本作のβテスト時代に近い、1次職6職と主要70マップほどを公開し、冒険者とともに毎月急速に成長(アップデート)していきます。また、オンラインRPGらしい「人と人のつながり」をより楽しめるよう、みんなで戦う「ボス戦」やパーティー支援サービスに加えて、オンラインゲーム初心者のために講師(運営スタッフ)がゲーム内で手取り足取り(?)レクチャーする企画も展開予定です。

オンラインゲームの格言(?)の一つに「どんなオンラインゲームもβテスト中が一番楽しい」というものがあります。
初めて目にする世界、キャラクター、仲間。どれも新鮮で毎日新しい発見に溢れています。それが月日が経つことにより段々と同じ作業を繰り返す事になってしまうのです…。
私もオンラインゲームは長くやっていたものもありますが、まさにその通りだと感じます。

そこでROでは出来る限りβテストの仕様に近付け、誰もが最初はワクワクした感覚を味わってもらおうという新しい試みにチャレンジしたわけです!

今回の新ワールド「Breidablik」では通常のROとは大きく違う仕様があります。

  • 月額料金が無料
  • 課金アイテムが通常とは異なる
  • キャラクターは新規のみ
  • 6ヶ月後に終了予定

6ヶ月後に終了予定とありますが、期間限定の大規模イベントと捉えていただければ良いでしょうか。こちらで育てたキャラクターは何らかの形で引き続き使えるようにする予定との事です。
また、ゲーム自体は同じものを使うので既に他のワールドでプレイしているユーザーは新たにゲーム本体をインストールする必要はありません。

古くからプレイしている方は涙腺が緩んでしまうかもしれないこのプロジェクト、ゲームから離れて久しい方にも是非おすすめしたいところです。
10年といえば中学生が社会人になってしまう年月です。もしかしたら昔の友人に出会うようなサプライズもあるかもしれません。

5月14日までユーザーを募集しているので、気になる方は是非ご登録を!
(専用サイトは記事最下部にて)

…私は「GODIUS」というROよりも古くから始まったMMORPGを5年ほど続けていました。
現在もサービスは続いていますが更新内容は課金アイテムの入れ替え程度。たまーに触れてみたいなと思うことはあっても月額料金が必要なため結局断念。ROのように1日チケット50円程度で販売してくれないかな(笑)
当時は私も学生でした、寝る間を惜しんでプレイしたものです。

RO:Breidablikティザーサイト

βテストはログインゲーム

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET