Headline News!

20 August

ワコム、Windows 8 / Androidタブレット「Cintiq Companion」シリーズを発表

Cintiq Companion

ペンタブレット製品の大手ワコムからWindows 8タブレット / Androidタブレット製品「Cintiq Companion」が発表されました。

ワコムから今年4月に発売された液晶ペンタブレット「Cintiq 13HD」、このモデルをベースとしたWindows 8搭載タブレット「Cintiq Companion」、Android搭載タブレット「Cintiq Companion Hybrid」の2機種が発表されました。
発売は10月以降を予定、ワコム公式オンラインストアで予約受付中です。

Cintiq Companion

両者に共通しているのは13.3インチ フルHD IPS液晶のCintic 13HDをベースにした本体と、2048レベル筆圧を認識するペンタブレットとしての機能。

「Cintiq Companion」はそのベースを元にWindows 8(Pro)を搭載、主な仕様は第3世代Core i7-3517U、8GB RAM、SSD 256GB(512GB)、Bluetooth、Wi-fi b/g/n、背面800万画素 / 前面200万画素カメラ、重量1.8kg等。

OSとSSDの違いにより2種類に分かれ、ワコム公式ストアでは下記の値段で予約受付中です。

Windows 8 / SSD 256GB : 198,000円
Windows 8 Pro / SSD 512GB : 248,000円

対してAndroidを搭載した「Cintiq Companion Hybrid」。
ハイブリッドという名称ですがASUSが発表しているようなWindowsとAndroidが切り替えられるデュアルOSというわけではなく、PCに接続すると液晶ペンタブレット、外すとAndroidタブレットになる意味でのハイブリッドです。

主な仕様はAndroid 4.2、Tegra 4、2GB RAM、SSD 16GB(32GB)、Bluetooth、Wi-fi b/g/n、背面800万画素 / 前面200万画素カメラ、重量1.7kg等。
液晶ペンタブとしてはWindows / Mac両対応です。

こちらはSSD容量とバッテリーの違いで同じく2種類に分かれます。

SSD 16GB / 48.5Wh バッテリー : 158,000円
SSD 32GB / 72.85Wh バッテリー : 168,000円

外見はほぼ同じですが、出力端子などインターフェースに違いがあるので、詳しくはワコム公式サイトをご確認ください。

ちなみにこの記事を書いているうちにワコム公式オンラインストアでWindows 8(Proも)版の予約が「品切れ中」になりました……
待ち望んでいた方は多いでしょうね、発売が10月と若干の余裕があるので同ストアでの予約再開や、家電量販店での予約開始を待ちましょう!

ワコム:Cintiq Companion特設サイト
ワコム:公式オンラインストア

まんぼうさんも購入予定

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET