Headline News!

20 March

ワコム、省スペース・軽量化した液晶ペンタブレット「Cintiq 13HD」を発表

  • 2013年3月20日
  • category : PC全般
  • tag :

液晶ペンタブレットで有名な「Cintiq」シリーズ。
13.3インチフルHD、厚さ14mm、重量1.2kgと小型モデル新製品が久しぶりの登場です、発売は4月5日予定。

※3月28日追記:発売日が4月5日に決定したそうです。ユーザーからの反響の大きさに応えて予定を繰り上げたとのこと。

ペンタブレットと言えばワコムの「Intuos」シリーズ。
液晶ペンタブレットと言えばワコムの「Cintiq」シリーズ。

完全にワコムの一強状態ですが、このたびCintiqシリーズの10万円を切る小型モデル新製品が発表されました。

Cintiq 13HD

通常のペンタブレットと違い、手元を見ながら作業に集中できるのは絵描きにとって非常に魅力です。
過去にも小型モデルはありましたが、頻繁に更新される機器ではないため待ち焦がれていた方も多いでしょう。

箱から取り出し、何よりも驚いたのはその薄さだ。厚みはわずか14mm、これは同社のペンタブレット「Intuos」や「BAMBOO」シリーズと同等の薄さである。サイズは375mm×248mmで「Intuos5」のMediumサイズとほぼ同じだ。

私もIntuosのミディアムサイズは所持していますが(使ってないけど!)今まで液晶ペンタブと聞くと大画面のものしか見かけなかったのでこれだけでも驚きです。

次にセットのペンを見てみよう。Cintiq 13HDには、スリムなペンケースに入った新デザインの「プロペン」が付属している。これは、Intuos5とCintiqの現行モデル(22HD、24HD、24HD touch)でも利用が可能なもので、高精度・高分解能・高速読取とタブレットペン最上位クラスの機能を搭載している。

Cintiq 13HD PEN

小さいとは言え性能は落としておらず。
ペンも安心の性能のようです。

Cintiq 13HDでは、フルHD(1920×1080ドット)対応の13.3型IPS液晶パネルを搭載しており、高コントラスト比700:1、最大輝度250cd/平方メートルというだけあって非常に鮮やかな印象だ。画面の照り返しなども少なく見やすい。

13.3インチでフルHDとはかなり鮮明ですね。
イラスト製作中は画面を見続けることになるので照り返しが少ないのも魅力です。

また、IPS液晶なので視野角が広いです。
そのためタブレットをデュアルモニタで使用する際に多少角度がついた状態でも色の変化が少ないはずですね。
自由度の高い作業環境が構築できそうです。

そして同じCintiqシリーズの22インチ、24インチモデルは20万円近い値段を誇るのに対して今回のモデルは10万円を切ります、この価格だけでも惹かれてしまいますね。

最後に、ワコムでは「Cintiq 13HD」を含めたCintiqシリーズの体験会を行なっています。
・3月20日(水)
・3月23日(土)
・3月24日(日)
の三日間開催しているので、気になった方は直接触りにいきましょう!
イベント特設サイトURLは下記にて。
(3月20日はこの記事を書いている時点で終了してます。スミマセン…)

引用
マイナビニュース:10万円を切った話題の小型液晶ペンタブレット「Cintiq 13HD」最速レビュー
ワコム:Cintiq 新製品体験会

20130320ladre02

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET