04 October

Adobe、世界290万人のユーザー情報に不正アクセスが発覚

  • 2013年10月4日
  • category : PC全般
  • tag :
アドビ不正アクセス

クリエイティブ製品を開発・販売しているAdobe Systemsに不正アクセスが発覚。暗号化されたクレジットカード番号を含む世界290万人のユーザー情報にアクセスされたと発表しています。

アドビ システムズは10月3日(現地時間)、ID、パスワードなど世界290万人分の顧客情報に不正アクセスされたと発表しました。

Adobe不正アクセス

今回のお話に関連あるユーザーのパスワードは一旦リセットされ、さらにID/パスワード両方の危険を含むユーザーへはアドビからパスワードの変更方法を記載したメールが届きます。
また、他のWebサイトでも同じID/パスワードを使用している場合はそれらのパスワードも変更することを勧めています。

アクセスされたのは顧客ID、パスワード、暗号化されたクレジットカード番号/デビットカード番号、顧客注文に関する情報など。
暗号化が解除されたとは考えられてないとしていますが、口座情報やカード明細をこまめにチェックし、万が一疑わしい記録が発見されたら取引先の金融機関まで連絡するよう促しています。

その他アドビ製品のソースコードにも不正アクセスされたと発表していますが、ソフト利用におけるユーザーへのリスクが高まることは無いとし、アンインストールの必要も無いようです。

今年も大手企業への不正アクセスが相次いでいますが、同じID/パスワードを様々なサービスで使いまわすのは実に危険です。
気付いてからでは遅いので、手間が掛かるのは仕方ないと割りきり時間のあるうちに変更しておきましょう!

Adobe製品をご利用中のユーザーは、下記リンクにも目を通してくださいね。

関連リンク

Adobe
お客様情報セキュリティに関する重要なお知らせ

個人情報は漏れるもの

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET