Headline News!

21 April

【レビュー】iPhone 5用ケースを購入しました。安価でハイクオリティ!

レビュー

先日購入したiPhoneが裸のままだったのでケースを購入しました。
値段の割に良い出来映えだったのでレビューしてみます。

これまでスマートフォンは裸のまま使う主義だったのですが、丁寧に使っても裏面に擦れた傷は付いてしまうものです。
将来的に不必要になった際、売ることを考えると当然キレイなままの方が査定額は上がります。
そのため今回はケースを購入してみました。

購入した商品はJAPAEMO社製TPUクリアケースです。

まず初めに目に付くのは「安い」ということです。
ケースの相場は1,000~3,000円程度ですが、なんとこのケース580円!
※2013年4月19日現在

私はAmazonで購入しましたが、レビュー数が86件。平均評価は4.4となかなかの評判です。
注文後2日で届きましたので、以下写真を交えて解説します!

IP5-TPU-CL

届いたパッケージの中には袋が2つ。
ケース本体と後述する穴塞ぎパーツです。
※液晶フィルムは付いていません。

包装はこれでもか!というくらいシンプルです。

指でぐにゃ~

スマートフォンケースの主流は「ハードケース」と「ソフトケース」の2種類です。

ハードケースの特徴:薄くて軽い、透明感を出しやすい。
ソフトケースの特徴:持った時のグリップ力が強い、衝撃を吸収しやすい。

衝撃吸収力は更に細かく分類される素材によっても変わります。
しかし個人的にはハードよりもソフトの方が衝撃に強いと感じます(あくまで個人の意見です!)

また、ソフトは持った時にグリップ力が強いおかげで地面に落としにくいのも特徴です。
そういう理由で今回はソフトケース。TPUというゴムとプラスチックの中間の様な素材で多くのケースで採用されています。

TPUケースらしからぬ透明感

ソフトケースのデメリットとして「透明感のある色が出しにくい」ということが挙げられます。
しかし、今回のケースを見るとハードケースの様な美しさです。

ソフトケースではこの見た目を出すことが難しいという理由で「クリア色」が存在しない場合が多いのです。
このケースを選んだ理由もiPhone自体の色をそのまま使いたいためでした。

ケース装着(表)

ケース装着!
こちらは表。

側面は若干厚みがあります。ソフトケースの宿命ですかね~。

ケース装着(裏)

そして裏。

私のiPhoneは白ですが、ケースのせいで曇ってしまう事はありません。
キレイなiPhoneの色が確認できると思います。

サイドボタン

サイドボタンの紹介です。
音量ボタン部分は若干出っ張った形状で包まれます。押し心地は良くケース無しの状態と比べれば少し強めに力が要るものの満足できる質感です。

マナースイッチはケースに包まれておらず、そこだけ窪んでいる状態です。
多少高さは出てしまいますが、爪ではなく指の腹でも切り替えは問題なくできます。

電源ボタン

次に電源ボタン。
音量ボタンと同じく多少出っ張った形状ですが、もともと電源ボタンは押した感触が緩いため、ケース越しに押すと感触が更に弱まります。
押したつもりでも押せてなかった事が何回かあるため、今回唯一気になってしまう箇所でした。
もう少し使い続ければ力加減も慣れると思いますが…

穴塞ぎパーツ

最後に穴塞ぎパーツです。
イヤホン端子、ライトニングコネクタに蓋をすることができます。

イヤホン端子は可愛いアクセサリパーツが販売されているので、それを付けている方も多いでしょう。
可愛いの要らない!ホコリ避けに蓋だけしたい!という方には丁度良いと思います。

もう一つのライトニングコネクタですが、これは充電する度に外す事になるので私は付けていません。
iPhoneがワイヤレス充電に対応していれば使い道もあったのですが…ま、まぁオマケということで。

そういえばiPhoneは5からイヤホン端子が下になったんですね、知りませんでした!
昔は「iPhone:上部」「iPod touch:下部」に分けられていたのに…内部基盤の都合でしょうか、ちょっと残念。
イヤホンアクセ業者も大変ですね(笑)

以上でレビューを終わります。
液晶フィルムを貼る予定が無いのも私にとって都合良く、購入して大満足でした。

ケースもどんどん進化するものですね~、なかなか壊れる事は無いと思いますが大事に使っていきたいと思います!

Amazonでのご購入はこちらから

今回のレビューはクリア(色)ですが、ブラックも選べます。

商品レビュー

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET