Headline News!

11 July

ヤマダ電機、レノボとの共同開発タブレット「EveryPad」を発表。ペン付属の7インチタブレット

ヤマダ電機オリジナルタブレット「EveryPad」

ヤマダ電機はレノボ・ジャパンと共同開発したタブレット「EveryPad」を発表しました。付属のペンでの手書き入力に加えヤマダオリジナルアプリがプリインストールされています。

ヤマダ電機はレノボ・ジャパンと共同開発したタブレット「EveryPad」を発表しました。明日(7月12日)から全国の「ヤマダ電機」「ベスト電器」「ツクモ電機」他ヤマダ電機グループ各店および「ヤマダ電機 WEB.COM」で販売されます。
価格は21,800円(税込)、WiMAXと同時契約で本体が0円になるキャンペーンも同時に開始します。

ヤマダ電機オリジナルタブレット「EveryPad」

EveryPadスペック
通信キャリア Wi-Fi専用
通信機能 IEEE 802.11 b/g/n、Bluetooth 4.0、GPS
OS Android 4.2
ディスプレイ 7.0インチ(1024×600)、IPSパネル、5点マルチタッチ
CPU 1.2GHz クアッドコア(MediaTek MTK 8125)
ストレージ 16GB
RAM 1GB
背面カメラ 500万画素
前面カメラ 30万画素
バッテリー 約7時間(Wi-Fi使用時)
充電時間 約2.5時間(ACアダプター) ※ACアダプターは別売
重量 345g
その他 スタイラスペン付属、microSDスロット(最大64GB)、2年間長期保証サービス、ヤマダ専用アプリインストール済み

スペックや重量、バッテリーはここ最近のミドルレンジクラス。

手書き入力アプリ「7notes with mazec」により漢字やひらがな、カタカナが入り交じった交ぜ書き変換にも対応し、メールやTwitterなどさまざまなアプリ上で使用することが可能です。
指での手書きのほか、付属のスタイラスペンを使うことでフリック入力に慣れない方でもスムーズに文字入力ができるとアピールしています。

スタイラスペンが付属しているのは大きな特徴ですが、残念ながら本体に収納することは出来ないようです。

手書きでの調べ物以外にも声で検索をしてくれる音声対話アシスタント「デンちゃん」を搭載。いわゆるiOSのSiri、ドコモのしゃべってコンシェルでしょうか。会話の精度が気になります。
ちなみに「デンちゃん」とはヤマダ電機のイメージキャラクター!

オリジナルアプリとして「YAMADA Multi SNS」をプリインストール。「ヤマダゲーム」や「ヤマダイーブック」などのオリジナルコンテンツを楽しめるほかヤマダポイントプレゼントや限定セールへ招待などの特典が受けられます。

また、大手家電量販店らしく2年間の保証期間付き。
総合的に見ると初めてタブレットを持つ方向けの製品でしょう、Wi-Fi専用モデルなのでモバイルルーターやテザリングの準備もお忘れなく!

ヤマダ電機:EveryPad

他の大手家電量販店の動向は?

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET