Headline News!

06 March

フリスクサイズのPHS再び!WILLCOMがストラップフォン2を発表!

ストラップフォン2キャッチ

WILLCOM公式でも清涼菓子のフリスクと比較していたあの超小型PHSの後継機が電撃発表!!

ストラップフォンとは、現在PHSの販売を担っているWILLCOMから販売された超ミニサイズのPHS端末です。

第一弾は2011年の秋冬モデルに登場し、製品カタログや店頭でも清涼菓子の「フリスクとほぼ同サイズ!」というキャッチで人々のハートを鷲掴みにしていました。
とは言えPHSでしかもEメールにも非対応という物凄くニッチ市場を突いてきた商品です。

ストラップフォン

WX03A (ストラップフォン)
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2011/09/21/index_08.html

PHS自体は悪くない…というより通話品質に関しては携帯電話のそれよりも
圧倒的に高品質なので、私も通話専用でしばらくWILLCOMを使用していました。

しかし、スマートフォン時代になるにつれWILLCOMの回線速度の遅さがネックになってしまいユーザー離れが深刻化していったのも事実です。

若干話がそれましたが、WILLCOMについてはまた時間がある時にでも!

そしてこの度、約二年ぶりに復活したストラップフォンというわけですが、
具体的には何が変わったのでしょうか?

ストラップフォン2

WX06A(ストラップフォン2)
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2013/03/05/index.html

公式サイトによると

・世界最小、最軽量のケータイ※1
・選べる3色のカラーバリエーション
・新たにEメール機能を搭載
・可動式アンテナを採用し、電波感度を向上

とありますが、一つずつ見ていきましょう。

・世界最小、最軽量のケータイ

初代ストラップフォン
サイズ:約W32×H70×D10.5mm
重量:約33g(バッテリー装着時)

ストラップフォン2
サイズ:約W32×H70×D10.7mm(突起部を除く)
質量:約32g

公式サイトでも表記が若干違うところがありますが、単純に数値だけを見ると「厚みは0.2mm増しているが重量が1g軽くなった」程度ですね。
元々のサイズが限界近いのでしょうからこれ以上の小型化は難しいのでしょう。

・選べる3色のカラーバリエーション

初代はブラック一色でしたが、今回はピンクとホワイトが追加されています!

・新たにEメール機能を搭載

初代は小型化にした弊害だったのか、それともキーが小さすぎてメールを打つには小さすぎるからあえて外したのか不明ですが、今回はEメール機能が追加されています!

・可動式アンテナを採用し、電波感度を向上

これは実際に使ってみないと分からない部分ですね。

これでメールを打つのは大変かと思いますが、こういう偏った製品はデジタルガジェット好きな方には堪らないでしょうね。
発売は3月21日(木)、予約は3月5日(火)より。12,000台の台数限定での販売となります。

気になる方は一度店頭で見てみましょう!

値段や詳しいスペックはWILLCOM公式サイトへ
http://www.willcom-inc.com/ja/corporate/press/2013/03/05/index.html

20130306ladre01

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET