Headline News!

26 June

ソニーモバイル、「Xperia Z Ultra」を発表。6.4インチディスプレイ搭載薄型モデル

Xperia Z Ultra

Xperia Zの派生モデル「Xperia Z Ultra」が発表されました。6.4インチという大型ディスプレイを搭載し、約6.5mmの薄型ボディを実現!

待ち望んでいた方も多い大画面Xperia「Xperia Z Ultra」が発表されました。
6.4インチフルHDディスプレイを搭載、厚みは世界最薄約6.5mm(*)の薄型ボディ。
※ソニーモバイル調べ

Xperia Z Ultra

Xperia Z Ultra スペック
OS Android 4.2
ディスプレイ 6.4インチ フルHD液晶
トリルミナスディスプレイ for mobile
X-Reality for mobile
CPU 2.2GHz クアッドコア
ストレージ 16GB
RAM 2GB
背面カメラ 800万画素
Exmor RS for mobile
前面カメラ 200万画素
カラー Black
White
Purple
バッテリー 3000mAh
重量 212g
その他 NFC対応
防水(IPX5/8)
防塵(IP5X )
  参考:Xperia Z 参考:GALAXY Note 2
ディスプレイ 5インチ フルHD液晶 5.5インチ HD有機EL
バッテリー 2330mAh 3100mAh
重量 146g 189g

まず驚くべきはそのサイズ。6.4インチは完全にタブレットと思いきや、ソニー的にはスマートフォン扱いになるようです。
さらに薄さにこだわったのも高評価、Zと同じくフラットボディ継承しつつ背面にはガラスパネルを採用し、無駄の無いミニマルデザインが特徴です。

ディスプレイには幅広い色域で豊かで自然な色や、繊細な色の違いを忠実に描き出すトリルミナスディスプレイ(*) for mobileを採用し、ソニー独自の超解像技術、X-Reality for mobileを搭載。画像を分析し、失われている画素を復元することで、動画をリアリティー豊かに再現します。
※トリルミナス:色の再現領域を拡大させる液晶のバックライトシステム。ソニーのBRAVIAで使われている技術です。

タッチパネルはスタイラス以外でのペン操作に対応し、プロダクトムービーでは鉛筆で画面を操作しているシーンも見受けれられます。
非常にキズの付きにくいディスプレイに仕上がっていると予想出来ます。

今夏以降、各市場で発売予定とされていますが具体的に「日本」と明言されているわけではありません。
しかしXperia Zシリーズということで期待はしておいて良いのではないでしょうか!

関連周辺機器も登場

その他アクセサリーとして通話が可能なBluetoothヘッドセット「SBH52」、専用スタンド「DK30」、Xperiaと連携し、リアルタイムで情報の確認やメッセージの送信などが可能な有機ELディスプレイ搭載時計型端末「SmartWatch 2 SW2」も同時に発表されました。

SBH52 と DK30左:SBH52 右:DK30

SmartWatch 2SmartWatch 2

プロダクトムービー


再生時間は1分53秒

ソニーモバイル:プレスリリース

止まらない端末大型化

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET