Headline News!

22 March

ソフトバンクが「ダブルLTE」を21日に開始。4G LTE対応機種は今までよりも繋がりやすく!

ソフトバンク

ソフトバンクが「ダブルLTE」という新サービスを3月21日より開始しています。
これは一体どのようなサービスなのでしょうか。

ソフトバンクモバイルが、iPhone 5 など 4G LTE 対応機種でイー・アクセスのLTEネットワークも利用できる「ダブルLTE」の提供を開始しました。

「ダブルLTE」開始以前、ソフトバンクの4G LTE対応機種はソフトバンクが提供するLTEエリアだけ高速通信可能でした。
しかし、今回よりイー・アクセスのLTEエリアも併用できるようになり、今までよりも高速通信できる可能性が高くなったというわけです。

ユーザー側での追加サービス加入や設定変更などは不要。その時その場所で最適なほうのネットワークに自動的に接続し、混雑時などにもつながりやすく、速度が出やすくなります。

ただし提供地域は、当初は都内の一部から順次拡大してゆく予定。

通信時の基地局をより探しやすくなるサービスなので、ユーザー側で申し込みなどは一切不要。
気付いたら今までよりも繋がりやすくなってるね!というわけです。

本日の発表によれば、ソフトバンクのLTE基地局数は2013年3月時点の 2.1万局 (総務省公表免許数ベース) から、2014年3月末にはイー・モバイルの基地局と新規設置分を加えて3.8万局に増えるとされています (ソフトバンク計画)。

2.1万局から3.8万局へ。
基地局が一気に1.7万局増えた計算になりますが、イーモバイルの基地局は借りているという扱いになりますので新規設置分を除き既存のイーモバイルLTEユーザーがいる事を忘れては行けません。

イー・アクセスがソフトバンクの関連会社だから可能な技ですね。
しかし電波のキャッチ具合は体感による部分が大きいので、人によって感じ方は様々だろうと予想します。

Engadget ja:ソフトバンク「ダブルLTE」本日開始、iPhone をイー・モバイル基地局にも接続
ソフトバンク:プレスリリース

ソフトバンク「ダブルLTE」を開始

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET