Headline News!

05 April

「One Sony Xperia」「Xperia ray 3」が開発中との噂

One Sony

One Sony XperiaとXperia ray 3が開発中との噂が流れています。
大型フラッグシップと小型人気モデルで今年の主力になるかもしれません。

今回の情報元はリンゲルブルーメン様です。

2013年下半期フラグシップXperia

5.0インチFHD液晶とSnapdragon 800 2.3Ghz クアッドコアプロセッサを搭載する超高性能スマートフォンです。2000万画素カメラや2700~3000mAhバッテリーを搭載します。

Xperia ray 3

iPhone 5S対抗の機種で、4インチ~4.3インチディスプレイを搭載するコンパクト機でありながら、Snapdragon 800 MSM8974 2.3Ghzクアッドコアを搭載すると噂されています。

上記2機種が開発中との噂が流れています。

フラッグシップモデルはXperia Zの後継になるかと思いますが、個人的にはXperia ray 3に期待大です!
「ray 3」は正式名称ではないようでXperia ray、Xperia SXに次ぐ小型モデルシリーズの後継機とのこと。

年々大型ディスプレイ化していくスマートフォン業界。ファブレット(スマホとタブレットの間の子)という言葉も出てくる程スマートフォンとタブレットの境界線が見えなくなってきています。
それでも小型モデルの需要は必ず存在し、サブ用途ではなくメイン機種として使うに十分な性能を持つものもあります。今回の「ray 3」もスペック的には現状の主力機種と比べても遜色ありません。

しかしiPhone 5Sに対抗するためとはいえ4.3インチは小型なのかな?という気がします。
Xperia SXが3.7インチだったことを考えると4インチ以内に収めてほしいかな…ベゼルをあまりに狭くしてしまと今度は手に持った時の誤爆が増えてしまいますから!
ちなみに現行のiPhone 5は4インチです。

One Sonyとは

若干話しが前後しますが「One Sony」という言葉が出てきています。
これは2012年4月に就任した「平井一夫」新社長が掲げる経営方針です。

モバイル製品以外に、PC、ゲーム、その他デジタル関連の技術を一つに集約し今後の製品開発に力を注ぐ。

という方針で、今後のXperia開発にはCyber-shotなどのカメラ技術、BRAVIAで培った液晶技術も統合されるかもしれません。
今でもモバイルBRAVIAエンジンやExmor R for mobileがありますが、それら技術開発におけるSONY内部での横の繋がりが強化されるのでしょう。

SONYの技術力を結集した製品がこれからも出てきそうですね、もちろんモバイル以外の製品に関してもです。
大幅赤字の影響で大量の人員削減も行ったSONYの復活劇はこれからですよ!

情報元:リンゲルブルーメン

Vita OSのXperia

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET