Headline News!

29 December

年越しの「あけおめコール・メール」集中に伴う通信制限。一方LINEからもお願いが

ヘビとウマからのお願い

一時的な通信過多が予想される年越し前後。国内キャリア各社が利用者へ制限をかける旨のお願いをしています。そんな中LINEからもお願いが。

 毎年恒例の年越し時における通信制限のお願い。国内キャリア各社およびTCA(電気通信事業者境界)は今年も利用者へ「あけおめコール・メール」を控えてもらう旨のお願いを公式サイトにて告知しています。

ヘビとウマからのお願いTCA公式サイトより

 「ヘビから最後の、ウマから最初のお願いです。」とイラスト付きでのお願い!

 なるほど、二匹からお願いされては断ることはできないね! と思うユーザーがどれだけいるか未知数ですが、年越しの瞬間から約30分間は最も通信が密集する時間帯です。特にこのタイミングでのメールは2時間ほど遅れが出るとしています(キャリア各社もほぼ同一の内容)。

 キャリア側では回線がダウンすることを防ぐため、通信量を落とす目的であらかじめ制限をかけています。年越し時、一時的に携帯が使えなくなるのは既に多くのユーザーが認識している事であり、仕方のないことかもしれません。

 そんな中インスタントメッセンジャー「LINE」では下記のお願いをしています。

LINEからのお願いLINE公式ブログより

 要約すると「LINEは各キャリアの通信網を使う事になるから、年越し時はWi-Fiを利用してね」という事です。

 LINEを利用する際はキャリアの回線を使う(ユーザーが多い)ので通信量が増える事に変わりはありません。しかし家庭に引いてある固定回線(光回線やADSL)やカフェなどの公衆無線LANを使用した場合、携帯キャリアの通信網ではなく固定回線網を使うことになりある程度の負担を軽減することになります。

 もちろんLINE自体も混雑を回避するため制限が入り、固定回線経由ならLINEでメッセージが必ず送れるという事ではありません。多少の遅れは覚悟しておいたほうが良いかと思います!

関連リンク

TCA
年末年始のケータイのご利用についてのお願い
LINE公式ブログ
【ご協力のお願い】年末年始の「おめでとうLINE」はWi-Fiに接続してご利用下さい

初詣では友だちとはぐれないように

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET