Headline News!

03 December

イーアクセスとウィルコムが来年4月に合併。ウィルコムは吸収される形に

イー・アクセスとウィルコム合併

共に通信事業を展開するイー・アクセスとウィルコムが来年4月に合併することとなりました。社名やブランドなどについては現在のところ未定です。

 今ではソフトバンクグループの一員であるイー・アクセスとウィルコムは、2014年4月1日より合併することを合意したと発表しました。

 存続会社となるのはイー・アクセス。ウィルコムは吸収される形となり合併後の会社には現イー・アクセス代表取締役であるエリック・ガン氏が就任する予定です。

イー・アクセスとウィルコム合併

 これまでも同じグループ会社として専売店である「イー・モバイルショップ」や「ウィルコムプラザ」で相互に商品を取り扱うなど連携を進めていましたが、さらなる協力体勢を整えるため合併という選択肢を採用したようです。

 これにて両社の持つPHSやLTEに代表される移動体通信と、光やADSLなどの固定回線両方の経営資源を活用することになります。ウィルコムが消滅することでPHS事業に不安の出る方もいらっしゃるでしょうが、今回の発表ではPHS事業の存続が記載されているのでご安心下さい。

 イー・アクセスの契約者数は440万、ウィルコムは570万。合わせて1,000万を超える顧客を抱える企業ができます。

 ※顧客数参考(2013年1月時点)ドコモ:6,000万、au:3,500万、ソフトバンク、3,000万

 現在の料金体系やサポート体制に大きな変化無いと思われますが、合併時期が近いだけに続報が待たれますね。社名やブランドなどは未だ決まっていませんが、良質なサービス提供に期待しましょう。

 仕事柄覚えたウィルコムの社名由来、いつまでも忘れないでいたいと思います…!

関連リンク

プレスリリース
合併に関する基本合意書締結のお知らせ(PDF)

ウィルコムの名前はいつまでも忘れない

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET