Headline News!

07 March

ドコモ初のWi-Fi専用タブレット「dtab」に勝算はあるのか

ドコモタブレットdtab

ドコモでは初めてとなるWi-Fi専用タブレット「dtab」(ディータブ)が今月末発売予定です。
また、Wi-Fi専用とはどういう意味かの解説も書きました。
通信回線云々に詳しくない方もお気軽にお読み下さい!

まず、Wi-Fi専用というのはどういう意味か説明を。

現在ドコモで販売しているタブレットは基本的にFOMAやXi(クロッシィ)と呼ばれる通信回線との契約が必須です。契約をすれば電波の繋がるところならどこでも利用できますが、毎月の料金が発生します。

今回はその契約が必要の無い「買うだけで使える」状態の製品です。

しかし通信回線の契約が無いため、自分の家では無線ルーターさえあれば繋がりますが、外出先の場合どこでも使えるわけではありません。
・カフェなどで利用できる公衆無線LAN
・モバイルルーター(契約必須)
・昨今のスマートフォンには大体搭載されているテザリング機能
でネットに繋ぐわけです。

公衆無線LANはお店によって利用できるサービスが違うため、別途契約が必要な場合もありいつも利用している決まったお店以外だと繋げずに残念な思いをするケースも多々あります。
そこでテザリングの出番なわけですが、テザリングとはスマートフォンで通信している電波を他の機器に分け与えてあげる機能の事です。

テザリングを利用するならば、ドコモの電波が入る限り「dtab」も使えるというわけですね。

ただし、お持ちのスマートフォンがテザリングに対応しているか否か、またFOMAとXiでテザリングの料金体系が大きく違いますので注意が必要です。
この辺りは今後記事にしてみたいと思います。お楽しみに!

それでは「dtab」の話に戻ります。

NTTドコモが3月下旬に投入するタブレット端末「dtab(ディータブ)」を軸に、自社で展開する電子商取引(EC)サービス「dマーケット」の規模拡大をもくろんでいる。ディータブの販売価格は9975円と1万円を切り、端末での収益を度外視してでもECの利用者を伸ばすことで収益を確保しようという戦略だ。

端末価格が1万円を切るという脅威の価格ですが、ドコモとしては毎月の通信料金での利益が入らないので、売れば売るほど赤字のようです。
しかし、その分の赤字を「dマーケット」で補う作戦のようです。

「dマーケット」とは動画や着うた、ゲームなどを販売するドコモ公式のストアです。
AppleでいうiTunes storeですね。

スマートフォンもタブレットも性能が日進月歩で進化していますので、パソコンと同様に様々なサービスを楽しむ事ができるようになりました。
こういった公式ストアのコンテンツをいっぱい利用してくださいね、というドコモの戦略です。

ドコモタブレットdtab

ディータブは中国ファーウェイ製で、OS(基本ソフト)に米グーグルの「アンドロイド4.1」を採用。高速処理が可能なクアッドコアCPU(中央演算処理装置)や10.1インチの大型ディスプレーを備え、使い勝手の良さを重視した。

端末の開発は中国のファーウェイ、性能に関してドコモ公式ではディスプレイ解像度(1280×800)まで公開されています。
今見る限りの性能は悪くないと思いますが、実際の触り心地を試してみたいところですね!

【注意点】
販売に関して注意点が二つあります。

1,ドコモのスマートフォン利用者(+spモード)のみ9月末までのキャンペーン価格として9975円に設定。(通常価格は25,725円)
既にドコモのスマホ利用者のみのキャンペーン価格です。

2,ドコモのサービス「dビデオ」を6か月間契約が必須
途中で「dビデオ」を解約すると12,600円の解約金がかかります。
「dビデオ」とは映画やドラマ、アニメ等が見放題になるドコモのサービス。525円/月。

6ヶ月使用しても3,150円なので試しに利用してみるのもアリでしょう。

総合的に見ても魅力のある施策だと思います。
自分も店頭での触り心地がよければ思わず衝動買いしてしまうかもしれません!かも!

4月12日:店頭販売日が決定した旨の記事を書きました。ご興味あればお読みください。
1万円を切るタブレット、ドコモ「dtab」今月18日より店頭販売開始

ITmedia 記事全文はこちら
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1303/04/news045.html

ドコモ公式 dtab製品ページはこちら
http://www.nttdocomo.co.jp/product/tablet/dtab/

20130307ladre02

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET