Headline News!

29 October

au、iPad下取りプログラムの下取り価格を公開。iPhoneに比べ安価な印象

au iPad下取りプログラム

auで機種変更をする際に今まで使っていた端末を買い取るサービス「下取りプログラム」のiPad買い取り価格が公開されました。若干安価な価格設定と感じます。

 auは11月1日に発売されるiPad Airと11月下旬に発売予定のiPad mini Retinaが対象となる「下取りプログラム」の旧iPad下取り価格を公開しました。

au iPad下取りプログラム

 機種変更と同時に今まで使っていた端末を買い取り、auポイントへの還元や端末購入金額から値引きをする仕組みです。

 今回発表されたのは、現行のiPadから11月発売予定の新iPad(mini含む)を購入した場合の下取り価格です(Wi-Fi+cellularモデルは3ヶ月以上使用している事が条件)、以下順番に記載します。

iPad(第4世代) Wi-Fi+cellular

  • 128GB:18,000円 相当(18,000ポイント)
  • 64GB:16,000円 相当(16,000ポイント)
  • 32GB:14,000円 相当(14,000ポイント)
  • 16GB:12,000円 相当(12,000ポイント)

iPad mini Wi-Fi+cellular

  • 64GB:14,000円 相当(14,000ポイント)
  • 32GB:12,000円 相当(12,000ポイント)
  • 16GB:10,000円 相当 (10,000ポイント)

iPad(第4世代) Wi-Fiモデル

  • 128GB:14,700円
  • 64GB:12,600円
  • 32GB:10,500円
  • 16GB:8,400円

iPad mini Wi-Fiモデル

  • 64GB:10,500円
  • 32GB:8,400円
  • 16GB:6,300円

iPad第3世代以前 Wi-Fiモデル 全モデル

  • 一律5.250円

 どうでしょうか、個人的にはiPhoneの下取りよりもかなり弱気な価格設定と感じます。

 比較としてソフマップの買い取り価格は、第4世代cellular 64GBモデルが31,000円、mini Wi-Fi 16GBが15,000円とauに比べ2倍前後の開きがあります。

 ソフトバンクの以前の下取り価格を見てもiPadは安めに設定される傾向にありますね。企業の様々な思惑があるにせよ、auで新iPadに乗り換える方は一考された方が良いかと思います。

 対するソフトバンクはiPad Airの発売をauと同日の11月1日と発表しましたが、下取り(スマホ下取り割)金額はまだ掲載されていません。ドコモはiPad発売を見送ったという報道もされており、しばらく動きは無いでしょう。

 そしてau、ソフトバンク両社は11月1日のiPad Air発売を記念してセレモニーが行われます!

 au
 11月1日(金)7:50~8:40
 原宿KDDIデザイニングスタジオ

 ソフトバンク
 11月1日(金)7:40~
 ソフトバンク銀座 店頭

 ソフトバンクの方が発表が後だけにセレモニー開始時間をauよりも10分早めていますね、意図的なのかどうか分かりませんが(笑)。発売日の盛り上がりを共有したい方はぜひご参加を!

関連リンク

au
iPad下取りプログラム

中古買取りの上限金額

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET