Headline News!

03 March

スマホのmicro USBには何が接続できる?色々試してみた

android-micro-usb

Androidスマホのmicro USB端子と言えば充電orパソコンと繋いでデータ転送が基本的な使い方かと思いますが、他には何が接続できるんでしょうか!?

Android2.3.4以降の機種からUSBホスト機能が追加された機種が販売されていますが、あくまでホストはスマートフォン。
PC向けのUSB製品がどこまで接続できるかという検証をマイナビニュース「AndroWire編集部」が行なったようです。

※USBホスト機能とは、スマホが「親」となり、「子」であるUSB製品(USBメモリ等)を動作させる機能の事です。
 また、子の事をデバイスと呼びます。

まず手始めに、スティック型のUSBフラッシュメモリを接続した。筆者のスマートフォンには、すでに32GBのmicro SDHCカードが挿入されている。しかし何の問題もなく、USBフラッシュメモリを第3のストレージとして認識した。机の中には、現在使っていないUSBフラッシュメモリが何本も眠っている。今後は、スマートフォン内のデータを出し入れする用途で有効活用していこうと思う。

ふむふむ。
USBメモリは動作するようですね。PCとのデータのやりとりやバックアップに使えそうですね!

続いてデジタルカメラとの接続を試みたが、うまくいかなかった。ただ、デジカメから取り出したSDカードをアダプタ経由で接続すると認識された。デジカメで撮った写真をSNSへアップしたい、あるいはスマホのアプリで加工したい、ということはよくある。この方法なら、いつでも手軽にデジカメの写真をスマホに取り込めるので重宝するかも知れない。

ふむふむふむ。
デジカメ直は難しいのですね。
しかしわざわざSDカードを取り出すのは若干のめんどくささがあるかもしれませんね。
最近のデジカメはWi-Fi機能が搭載されているものもあり、PCからデジカメ内部にアクセスできたり、直接サーバーにUPできたりもします。

続いて、外付けHDD(ハードディスクドライブ)に挑戦。ACアダプタで電源をとるタイプのHDDを接続しても、ストレージとしては認識されなかった。また、USB端子から電源をとる2.5インチHDDも認識せず。少し肩を落とす。

ふむふむふむふむ。
USBメモリは大丈夫でHDDはだめ。と。なかなかワガママな動作状況です。
記事中にある「USB端子から電源をとる」とはUSBバスパワーの事で、別途コンセントから電源を取らなくてもUSB一本で動く機能の事です。
スマホからだと充分な電源が確保できないのでしょうね、例えできたとしてもバッテリーの減りが早くなりそうです。

気を取り直して、外付けDVDドライブ、そして出来心で3.5インチFDD(フロッピーディスクドライブ)を試してみたが、やはりどちらも認識されなかった。スマートフォンとフロッピーによる夢のコラボは、幻に終わった。

なかなか動かないものですね…

PC用のマウスは利用できた。スマートフォンと接続すると、画面上に黒いマウスポインタが出現。クリック操作はもちろん、センターホイールで画面を上下に遷移させることも可能だった。

!!
マウスが使えるのは面白い!
せっかくのタッチパネルですが、マウスでクリックしたくなる気持ちもわかります!
と、くればキーボード?

キーボードは、マウスと一緒に使いたい。しかしmicro USB端子はひとつしかない。では、USBハブを使ってmicro USB端子を増やすことはできるだろうか? ということで、キーボードを試す前にUSBハブの認識テストを実行。無事、使えることを確認した。では、USBハブは何本のUSBフラッシュメモリを認識するのだろうか。そこで、USBハブの余っている穴すべてにUSBフラッシュメモリを挿してみることにした。

すると2本目、3本目を挿しても認識されるのは初めの1本目のみだった。めげずに(半ば調子に乗って)4本目のUSBフラッシュメモリを挿すと、突然USBハブの電源が落ち、「USBストレージが不適切に取り外されました」との警告が出てしまった。何事もやりすぎは良くないのだ。

残念!
しかし、タッチパッドが搭載されているキーボード(こんなの)ならマウス&キーボードで
快適長文入力スタイルが可能になるかもしれません!

以上、どうだったでしょうか?
Androidならではの自由度が垣間見える記事ですね!

注意点が3つあります。

1,各機器と接続するためには「USBホスト機能に対応する」ケーブルが必要です。
スマホ購入時の付属ケーブルは対応していない可能性があります。

2,当然ですが、各機器によって対応状況は様々ですが、メーカーの動作確認などそうそう取っているところはないので”接続してみるまで分からない”というのが現状です。

3,基本的にはAndroid OSのバージョンによって認識状況が変わると思いますが、
スマホ本体によっても変わるでしょう。
知り合いの機種でできたからOSバージョンが一緒な自分のでも大丈夫だろう。は危険です!

メーカーの動作確認が無い以上、どんな不具合が発生しても全て自己責任になります。
それでも試したいというチャレンジャーの方だけ挑戦してみましょう!

マイナビニュースAndroWire編集部より
記事全文はこちら
http://androwire.jp/articles/2013/02/25/10/index.html

20130303ladre02

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET