Headline News!

07 March

セブン銀行が注意喚起しているスキミング装置の写真が凄い

セブン銀行スキミング注意喚起

「スキミング」と言葉は聞いた事がある方が多いかとおもいますが、実際どのような装置が使われているのでしょうか?
セブン銀行の公式サイトで実物を見ることができます。

スキミングとは、クレジットカードなどのカード犯罪で使われる言葉です。
カードに記録されている情報を抜き出し複製し、その複製したカードを使うことによって請求を本来の所有者に全て負担させるカード犯罪です。

セブン銀行公式サイトに「ATM利用時のスキミングにご注意ください」という旨のリンクがあります。
そのリンク先には実際にスキミング装置を取り付けられたセブン銀行ATMの写真が載っています。

セブン銀行スキミング装置

この場合、スキミングを行なうための装置が
・暗証番号を録画するカメラ
・カード情報を読み取る装置
の、二つに分かれており、カード情報を読み取り複製後撮影された暗証番号で銀行から預金を引き出すわけですね。

しかし…違和感無さすぎですね!

カメラも底の穴は利用者から見ると上から見下ろす形になるので気付かない(ただのパンフレット入れに)ですし、ましてやカードの差込口はお店の店員さんでも気付かなさそうですね。

ぴったり窪みに埋まっていて、色も合わされているからこれで気付けという方が難しいです。

装置を「設置させない」事が最優先ですが、簡単に設置できるのであればいくらATMを防犯カメラで写していても後手後手にまわってしまう気がします。
カード犯罪も無くなる事は無いと思いますが、利用者にできる事はなるべく大きめの銀行(ATMの設置台数が多く防犯もしっかりしている)に行くのと、カードの明細には必ず目を通すこと、ぐらいでしょうか。

明細を見て身に覚えの無い利用形跡があったらすぐに銀行やカード会社に連絡する事を忘れずに!

週刊アスキーPLUS 記事
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/131/131366/

セブン銀行
http://www.sevenbank.co.jp/support/info2013022801.html(今回のページ)
http://www.sevenbank.co.jp/(公式サイト)

20130307ladre01

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET