Headline News!

10 March

関東のこの空の色は黄砂が原因?それとも土埃?

今日の天気は真っ黄色ですね…え、末期色?

2013年3月10日関東の天気

海外ではたまに見かける光景ですが、本日は関東でもこの空の色が見られているようです。
天気ニュースでも以前から黄砂の話題が出ていましたが、今回の現象も黄砂が原因なのでしょうか?

気象庁発表の黄砂予測図では15:00の時点で関東に”本格的には”上陸はしていないようです。
気象庁黄砂予測図より

この黄色い空は、強風により舞い上げられた土埃であり黄砂では無いという見方もあります。
今日の風の強さは台風並みですからね、近郊の乾いた砂を舞い上げることぐらい朝飯前でしょう。

東京都心で10日、大気が白くかすんで霧のように見える「煙霧(えんむ)」が発生した。

乾いた微粒子により、水平方向で見通せる距離が10キロメートル未満となっている状態で、気象庁では「強風が吹いてほこりが巻き上がったもので、黄砂ではない」としている。

Yahooニュースでは「煙霧」と表現しています。
でも「白く霞んで~」と書いてあるので、今回はこの「煙霧」と「黄砂」が混じりあったものかもしれませんね。

土埃、黄砂以外にもPM2.5、春のごとく暖かい気温で大量に飛散した花粉、と注意しなければならない事がたくさんあります。
マスク程度では完全に塞ぐことはできないので、可能であれば外出を控えた方が良さそうです。

気象庁は9日、九州から北陸、甲信地方にかけての広い範囲で黄砂を観測した。甲府市でも同日午後3時10分ごろに観測。全国的に同日が飛散のピークで、10日中には収まるとみられる。

同じくYahooニュースによると、少なくとも”西日本”の黄砂は本日がピーク。
東日本についてはまだもう少し油断しない方が良いかもしれません。

せめて風が弱まり、土埃が収まってくれると助かるのですが…

20130310ladre02

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET