Headline News!

01 September

ポケモンGO、全国のソフトバンクショップがポケストップまたはジムになることが決定

ポケモンGOロゴ画像

本日、ソフトバンクはポケモンGOの開発会社であるナイアンティックとパートナーシップ契約を締結し、全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップがポケストップまたはジムとして登場することが決定しました。

 ポケモンGOにおいてソフトバンクとナイアンティックが連携し、今月以降全国のソフトバンクショップととワイモバイルショップ(共に一部店舗を除く)がポケストップおよびジムになる事が本日、ソフトバンクのプレスリリースで明らかになりました。

ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:宮内 謙、以下「ソフトバンク」)は、スマートフォン向けゲームアプリケーション「Pokémon GO(ポケモン ゴー)」※1において、Niantic, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジョン・ハンケ)とパートナーシップ契約を締結しました。これにより、全国約3,700店舗のソフトバンクショップ※2とワイモバイルショップ※2が、「Pokémon GO」のゲーム内で「ポケストップ」または「ジム」として2016年9月以降に登場します※3。

全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokémon GO」の「ポケストップ」「ジム」に!

 ポケストップとジムの振り分けは周辺の設置数とのバランスを考えたうえで決定されそうですね、3,700箇所も増えるというのはゲーム内での影響も大きいです。また、設置数増加以外にもキャンペーンやサービスも検討しているようです。

今後、ソフトバンクならではの「Pokémon GO」とのコラボキャンペーンやサービスの提供を検討してまいります。

Ingressではコラボアイテムも実装されています

 ポケモンGOの前身であるIngressでもソフトバンクとのコラボは実施済みで、店舗がポータル(ポケモンGOで言うポケストップ)になる以外にゲーム内アイテムも実装されています。

Ingress SoftBank Ultra Link

 こちらの効果はポータルからのリンク可能距離を伸ばしたりより多くのリンクを繋ぐことが出来るというもの。携帯キャリアであるソフトバンクの電波の強さをゲーム内のリンク距離に掛けているわけですね。

 ポケモンGOでもソフトバンクに関連したアイテムの実装に期待してしまいますが、オリジナルであるIngressと違いポケモンの世界観を考慮すると難しいかもしれません……。

 ちなみに同様にIngressとゲーム内アイテムまで実装されたコラボは「ローソン」、「保険のアクサ」、「伊藤園」、「三菱東京UFJ銀行」。ポケモンブランドを考えるとコラボ先の選定も難しいかもしれませんが、話題作りとしては抜群なので、各企業からのオファーも凄そうです(*_*)

関連リンク

ソフトバンク プレスリリース
全国約3,700店舗のソフトバンクショップとワイモバイルショップが「Pokémon GO」の「ポケストップ」「ジム」に!
  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET