Headline News!

25 August

一部のiPhone 5バッテリーに不具合、アップルは該当製品を無償交換

iPhone 5起動時のロゴ

一世代前のモデル「iPhone 5」の一部のモデルにバッテリーの不具合があるとアップルが発表しました。該当製品はバッテリー無償交換での対応となります。

一部のiPhone 5バッテリーの駆動時間が急に短くなったり、頻繁に充電が必要になる可能性があるとし、アップルは公式に該当製品のバッテリー無償交換を開始すると発表しました。

iPhone 5 バッテリー交換プログラム

該当製品は2012年9月から2013年1月までに販売されたもの。と言ってもいつ購入したのか記憶に無い方も多いですので公式サイトのiPhone 5 バッテリー交換プログラム(リンクは記事最下部)にシリアル番号を入力することで判別が可能です。

シリアル番号の確認方法は端末上で確認が可能で「設定」→「一般」→「情報」の順に進むと確認できます。

シリアル番号確認方法画像はiOS 7の場合

日本での交換開始は今月29日から。

アップル正規サービスプロバイダ(ヨドバシカメラやビックカメラなども含む)、直営店であるアップルストア、電話対応のテクニカルサポートの3通りの方法で手続きが可能です。

バッテリーのみの交換といえどデータを全て消去してからアップルに送ることになるので、事前にバックアップを取る必要があります。PCを使わずiPhoneのみの利用をされている方はiCloudの容量に注意しましょう。

また、画面のひび割れなどがバッテリー交換の支障をきたす場合有償で該当部分を修理する可能性もあるとのことです。

以前、初代iPod nanoの交換では発表までが長かったため、最新モデルが送られてきたことがありましたが、今回はバッテリーのみの交換です。iPhone 5sになって返ってくるわけではないので誤解の無いようお願いします。

iPhone 5ではスリープボタンの不具合でも同様の交換対応を行っています。
致命的な故障の無い製品を提供し続けるのは難しいことですが、来月発表が噂されているiPhone 6(仮)の直前でなんとも間の悪いお話になってしまいました。

関連リンク

Apple
iPhone 5 バッテリー交換プログラム

対象の確認はすぐできます

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET