Headline News!

11 November

iPhone 6は大型化し曲面ディスプレイを採用か、海外メディアが報じる

iPhone 6、曲面ディスプレイを採用か

次期モデルとなるiPhone 6(仮)は現行よりも大型化し、さらに曲面ディスプレイが採用されると海外メディアが報じました。

 来年の話をすると何とやらですが、アップル製品に関しては噂の無い状況のほうが珍しく、今回も例のごとく関係筋からの情報として海外メディアがリークしたお話です。

 iPhoneの次期モデル「iPhone 6(仮)」は4.7インチと5.5インチに大型化し、曲面ディスプレイを採用するというもの。報じたのは海外メディア「Bloomberg」、製品開発計画に詳しい関係筋からの情報としています。

iPhone 6、曲面ディスプレイを採用か※イメージ画像出典:MyVoucherCodes.co.uk

 上記はあくまでイメージ画像。実際のところ本採用されるか不明ですし、さらに後期のiPhone 7で採用される可能性もあります。

 サイズ大型化はiPhone 5sでは見送られたものの以前から噂されており、過去ナンバリング更新(4 → 5 → 6?)の際にデザイン変更も入ることを考えると、今回の話は別にしても何かしらの大きな変更が入ることは考えられます。

 さらにリーク情報は続き、圧力の違いを認識できるようなタッチセンサーの開発にも動いているそうです。圧力(筆圧)感知となるとペンタブレット用途として非常に幅が広がるものの、曲面ディスプレイとは相性が悪いように感じます。絵にしろ文章にしろ手書きを重視するならば平面の方が描きやすいのは誰もが想像できるのではないでしょうか。曲面ディスプレイと圧力感知ディスプレイは別の製品として採用されると思います。

 これらの情報から考えるに、柔軟性を持ったディスプレイを搭載するため、これまでの通常の液晶ディスプレイから有機ELディスプレイに変更される事が予想されます。アップルのスマートウォッチ「iWatch」にも有機ELディスプレイが採用されるとして、LGやサムスンとのディスプレイ供給契約も進んでいるという情報もあります(iWatchはLG製ディスプレイとの噂)。

 フレキシブル有機ELディスプレイ(曲面ディスプレイ)と言えば、上記LGやサムスンが次々と採用スマートフォンを発表しています。薄さと柔軟性を兼ね備えた有機ELをアップルがiPhoneに採用するとなると今後の主流にもなりえる影響力を持つだけに、その動向に注目が集まります。

 以下、参考までにLGとサムスンのフレキシブルなスマートフォン製品写真を載せておきます。

フレキシブルスマートフォンLG G Flex

GALAXY ROUNDGALAXY ROUND

関連リンク

Bloomberg
(英文)Apple Said Developing Curved IPhone Screens, New Sensors
Wall Street Journal Japan
アップル、曲面スクリーンの「iPhone」開発中

初代ストリートファイターの移植

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET