Headline News!

11 June

アップル、iOS 7を発表。フラットなアイコンデザインに新機能も多数

  • 2013年6月11日
  • category : Apple
  • tag :
iOS 7

「WWDC 2013」にてiOS 7の発表も行われました。今回は「iOS最大の変更」と呼ばれるほど機能の追加や変更点が多く存在します。

新MacBook Airに続き、今回大きく変化したiOS 7の変更点についてまとめます。

iOS 7を発表、新機能や変更点は

iOS 7 フラットデザイン

まず、一番初めに気付くのはアイコンがフラット(平ら)になったこと、前回のリーク記事以上のフラット具合です。さらにアイコンだけなくブラウザやメール、スケジュールなどの標準アプリのインターフェースもフラットデザインに変更されています。

さらに今回からの新機能としてControl CenterAirDrop for iOS改善されたマルチタスク機能を搭載しました。

iOS 7 新機能

Control Centerは頻繁に使われるアプリ(カメラや音量、電卓、Wi-Fi切り替え)を画面下から上にスワイプ操作をすることで簡単に呼び出せる新機能。また、従来のNotification Center(上から下にスワイプ操作で出現する通知センター)も強化されており、タブ切り替えで通知の分類がされるようになりました。

AirDrop for iOSはWi-FiやBluetoothを使いiOS端末同士でファイルのやり取りができる機能、データは暗号化されており気軽にファイルを渡すことができるようになりました。

そしてマルチタスク機能の改善としてアップルは「すべてのアプリでマルチタスクを実現した」と言及しています。
アプリ開発時にバックグラウンドでの動作制限が緩くなり、対応アプリではわざわざアプリを起動して手動更新(ニュース記事など)をする必要がなくなるわけです。さらにタスク切り替え(ホームボタン2度押しの起動しているアイコン群)時にそのアプリのサムネイルが表示されるようになりました。

気になるのはバッテリー持続時間への影響ですが、アップルの調整により大きな影響は少なくロングバッテリーを実現するとしています。
もともとアップルはバッテリーに関しての理解が深く、iPhoneのディスプレイサイズを大きくしない理由としてバッテリーへの影響を考慮している一面があります。

※参考記事
猫と杓子:Appleが大画面iPhoneを出さない理由・出す条件をクックCEOが説明

Siriもパワーアップしており、TwitterやWikipediaからの検索にも対応、ただしこちらは当初英語などからスタート。日本語対応時期は未定となっております。

開発者向けベータ版のダウンロードは本日から。一般ユーザー向けの正式版リリースは今年秋頃に無償で提供される予定です。
対応端末はiPhone 4以降、iPad 2以降では、iPad miniと第5世代のiPod touchが対象です。

今回はインプレス様の記事を参考に、画像はApple公式サイトより引用させていただきました。
インプレス:Apple、過去最大の変化となる「iOS 7」を今秋リリース
アップル:iOS 7

アップル「WWDC 2013」まとめ

新しい端末を手に入れたような気分

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET