Headline News!

21 September

iCloud 3.0でiOS版「Safari」とWindows版「Chrome」、「Firefox」のブックマークを同期する方法

  • 2013年9月21日
  • category : Apple
  • tag :
iCloud 3.0

iCloudを利用し、Windows版Google Chrome、FirefoxとiOS版Safari間のブックマークを同期できるようになりました、画像付きで解説します。

WindowsとiOS間のブックマークや写真を同期できるiCloudコントロールパネル for Windowsが3.0へアップデート、大きな進化としてiOS版SafariとWindows版Google Chrome、Firefoxのブックマーク(お気に入り)と同期できるようになりました。

これで従来のように両ブラウザにブックマークする面倒さから解放され、整理整頓が捗りますね。
それでは、例としてiPhone 5とWindows版Google Chromeとの同期を画像付きで説明します。

ブックマーク同期方法

iCloud 3.0コントロールパネルのダウンロード

同期を行うためにはWindowsマシンにiCloud Control Panel 3.0 for Windowsをインストールする必要があるため、以下のページよりダウンロードします。
Apple:iCloud Control Panel 3.0 for Windows

※上記サイトは英文ですが、右上の「Languages」から日本語を選んでしまうと2.1.2しか公開されていないため、英文のままダウンロードボタンをクリックしましょう。

iCloud Control Panel 3.0 for Windowのダウンロード

Windowsマシンへのインストール

ダウンロード後、インストールを行いますが、特に難しい選択はなく、案内されるまま「次へ」を押して進めましょう。

iCloud 3.0コントロールパネルの起動

iCloud Control Panel 3.0 for Windowsの起動

起動すると、どの項目を同期するかの選択画面が表示されます。
今回はブックマークの同期が目的のため中央の「Bookmarks」にチェックを入れ、右にある「Option」ボタンをクリックし、同期させるブラウザの選択画面を出しましょう。
今回は私はGoogle Chromeで試してみました。

※上記画像では黄色い背景で警告が出ています。本来ならばメールの同期を行うことができますが、複数のOutlookがインストールされていると同期できないようです。しかし今回のブックマーク同期とは直接関係無いため、無視して進んでいきます。

iCloud統合の確認

統合の確認

統合しても良いですか、と確認画面が出てきますが「統合」をクリックし次へ進みます。
心配性な私は念のためブックマークのバックアップを取っておきました、Google Chromeでは右上の「三本線のボタン」→「ブックマーク」→「ブックマーク マネージャ」→「管理」→「HTML ファイルにブックマークをエクスポート…」からバックアップが可能です。

Google Chromeに拡張機能をインストール

Google Chrome ブックマーク拡張機能

同期をするにはさらにGoogle Chrome自体にも拡張機能のインストールが必要です、と案内が出ます。
「ダウンロード」をクリックすると専用ページが開きますので、そこからインストールを行いましょう。

iCloud ブックマーク 拡張機能ダウンロードページ

インストールは右上の「無料」ボタンで自動的に行われます。

同期完了

Google ChromeブックマークWin版Chrome

iPhone 5 ブックマークiPhone 5 Safari

すると同期はすぐに行われ、iOSデバイスで確認すると全く同じブックマークをいつでも利用する事ができます。

ちなみに、iPhone 5 Safariで元々利用していたブックマークは削除されず、「ブックマーク」→「お気に入り」の中で同期されていますが、念のためバックアップを取ってからの方が良いかもしれません。
メインマシンはWindows、外出先ではiOSを利用している方は是非お試し下さい!

関連リンク

Apple
iCloud Control Panel 3.0 for Windows

Chrome、Firefox利用者は心待ちだったのでは

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET