Headline News!

12 March

Android版Google日本語入力がアップデート!変更点は?

Android日本語入力アプリの中では使いやすい(と、私は思っている)Google日本語入力にアップデートが入りました。
さて、変更点はどういう部分でしょうか?

Google公式サイトに変更点がまとめてあります。
(URLは記事最後にて)

【UI 全体について】
・スキン機能を追加しました。
・既定の配色をオレンジ/ライトグレーからブルー/ライトグレーに変更しました。
・記号画面のデザインを変更しました。
・キーボード折り畳みボタンのデザインを変更しました。
・設定画面の構成を変更し、より簡単に設定が行えるようにしました。

【ソフトウェアキーボードについて】
・QWERTY 配列にカーソルの右移動キーと左移動キーを新たに配置し、カーソル移動キーを廃止しました。
・キーボードの高さを調節できるようにしました。
・画面の幅が一定以上に大きい端末において、キーボードを左右どちらかに寄せて表示する機能を追加しました。

【変換機能について】
・入力補正機能を追加しました。
・自動部分確定機能を追加しました。
・Unicode 絵文字を変換候補に追加しました(Android 4.1 以降のみ)。
・キャリア絵文字を変換候補に追加しました。
・ケータイ配列のひらがな入力状態にて、入力キーに対応した日時の変換ができるようになりました。
・ケータイ配列のアルファベット入力状態にて、ひらがな入力状態と同様に入力キーに対応した数字と日時の変換ができるようになりました。
・自動かな修飾変換の有効/無効を、設定画面で切り替えられるようにしました。
・辞書を更新しました。

【その他】
・マッシュルームに対応しました。字種切り替えキーを長押して起動します。
・バイブレーションの長さを設定できるようにしました。
・操作音の大きさを設定できるようしました。
・ハードウェア キーボードで Ctrl キーなどの修飾キーが正しく処理されていなかった問題を修正しました。
・Android 4.2 以降のマルチユーザ機能を有効にしていたときに、管理者以外のユーザでユーザ辞書の編集や学習結果の保存ができなかった問題を修正しました。

この中でも大きな変更点と入れる部分をいくつかスクリーンショット付きで解説します!

・QWERTY 配列にカーソルの右移動キーと左移動キーを新たに配置し、カーソル移動キーを廃止しました。

Google日本語入力

以前までは一旦タップした後に左へ動くか右へ動くかという二段階のステップを踏んでいたカーソル移動ですが、このたび左右が独立したボタンになりました。
タップできる領域は若干狭いですが、一回の動作で完了するというのは快適です。

・キーボードの高さを調節できるようにしました。

グーグル日本語入力

設定画面にてキーボードの高さをある程度細かく変更できるようになりました。
今回は最大と最小を載せてみます。(一つ前のスクリーンショットは標準の高さです)

Google日本語入力高さ最大
これが最大

Google日本語入力高さ最小
これが最小です。

細かく調整出来るのが良いですね。
人によって指の長さ、大きさはそれぞれですから設定の自由度が大幅に増えました。

・画面の幅が一定以上に大きい端末において、キーボードを左右どちらかに寄せて表示する機能を追加しました。

Google日本語入力左右移動

キーボードの位置を左右に偏らせることができました。
これでサイズの大きい端末でも片手操作での入力がし易くなったかと思います。
キーボードの端に右矢印が出ていますが、これをタップすると右端に移動します。左右の入れ替えもタップ一回で可能なわけです。

また、この画面では「横画面」「ケータイ配列」ですが「縦画面」でも「QWERTY配列」でも可能です。
一定以上の幅があれば、とのことですが今回試したのはGalaxy Note2で、QWERTY配列で縦画面だとあまり寄りません。もう少し解像度の高い機種だと効果はより実感できるかもしれませんね。

・マッシュルームに対応しました。字種切り替えキーを長押して起動します。

Google日本語入力マッシュルーム対応

マッシュルームとは「絵文字」や「顔文字」「旧漢字」「人名」「ゲーム用語」など、普段の変換では入力しにくい文字を挿入するためのオプションみたいなものと考えて下さい。
Google Playからダウンロード(基本的にほとんどが無料)することでGoogle日本語入力から呼び出せるようになります。
普段の入力ではカバーしきれないところを埋めるお助けアプリみたいなイメージですね。Google Playで「マッシュルーム」と検索すれば色々出てきますよ!

と、いくつか画像付きで解説させていただきました。
変換能力自体も賢くなっていますので、今まで使用したことの無い方は是非お試しください。
Google日本語入力自体もGoogle Playから無料でダウンロードできますよ!

Google Japan Developer Relations Blog
http://googledevjp.blogspot.jp/2013/03/android-google-1913623.html

Google日本語入力本体のダウンロードはこちら

20130312ladre01

  • TOPへ戻る
  • Tweetボタン
  • いいねボタン
  • Google+ボタン
  • はてブボタン
  • POCKET